ドラエト

ドラゴンボールの考察などをやっているブログです。

【2人は穴兄弟】ヤムチャとベジータの関係や、ブルマの「アゲパン」ぶりについての考察【ドラゴンボール】

ヤムチャとベジータの関係や、2人が穴兄弟になるまでの過程をまとめています。

 

また、ヤムチャとベジータの2人は「ある共通点」があり、この共通点はブルマと出会うことで変わることができました。

 

ヤムチャとベジータを変える事ができたブルマは「いい女」です。

 

 

ヤムチャとベジータの出会い

ヤムチャとベジータはサイヤ人編で出会いました。

 

ラディッツの死とドラゴンボールの事を知ったベジータとナッパは、不老不死の願いを叶えるため地球に襲来します。

 

ヤムチャはベジータが地球に来るまでの1年間、修行をしてそなえていたためパワーアップしています。

 

そして始まる地球を運命をかけた一戦。

 

まず、ナッパは小手調べに栽培マンを繰り出します。

 

ヤムチャは栽培マンと闘い余裕で勝利。栽培マンは地面に倒れ込んでしまいました。

 

1年間の修業の成果を見せつけたヤムチャの完勝かと思われたのですが、栽培マンは生きていました。

 

目を覚ました栽培マンは勢いよく地面から飛び出しヤムチャに抱きつきます。

 

そして次の瞬間。

 

ドーーンッ!!

 

爆発音があたりに響きます。

 

栽培マンはヤムチャに自爆攻撃を仕掛けたのです。

 

この自爆攻撃を受けたヤムチャは即死。

 

f:id:hikikomogomorin:20200701192338j:plain

(出典:ドラゴンボール18巻/159p)

 

ベジータは変わり果てたヤムチャの姿を「汚いボロクズ」と表現しました。

 

f:id:hikikomogomorin:20200701192348j:plain

(出典:ドラゴンボール18巻/160p)

 

これが、ヤムチャとベジータのファーストコンタクトです。

 

ヤムチャの死を悲しむブルマ

その後、あの世から帰ってきた悟空とベジータの激闘の末、なんとかベジータを地球から追い出すことに成功します。

 

ヤムチャの恋人のブルマは飛行機で戦場に駆けつけており、彼が闘いのなか死んでしまった事を知ります。

 

f:id:hikikomogomorin:20200701192404j:plain

(出典:ドラゴンボール21巻/26p)

 

ブルマは大号泣。しばらくのあいだ泣きじゃくっていました。

 

ヤムチャとベジータは一緒に住むことになる

さらに話は進んでナメック星編後のことです。

 

ヤムチャはポルンガで生き返り、地球にやってきたベジータはカプセルコーポレーションに住むことになりました。

 

f:id:hikikomogomorin:20200701192427j:plain

(出典:ドラゴンボール28巻/52p)

 

なお、ヤムチャもカプセルコーポレーションに住んでいますので、これ以降2人は同じ場所、一つ屋根の下で暮らしていく事になったのです。

 

それから約1年後、ベジータとヤムチャは一緒にバーベキューを楽しんでいました。

 

f:id:hikikomogomorin:20200701192451j:plain

(出典:ドラゴンボール28巻/61p)

 

ヤムチャはベジータに間接的に殺されていることになるのですが、一緒に食事を取ることに抵抗は無いようですね。

 

別にヤムチャは昔の事を根に持つような性格でもないので、あまり抵抗もないのでしょう。

 

ベジータもブルマが買ってくれたのかは分かりませんが「BAD MAN」と書かれたシャツを着て一緒にバーベキューに参加しています。

 

f:id:hikikomogomorin:20200701192517j:plain

(出典:ドラゴンボール28巻/113p)

 

トゲトゲはしていますが、そこそこ地球には馴染んできているようです。

 

ヤムチャさんは浮気性

その後、地球にはメカフリーザが襲来。

 

未来から来たベジータの息子、トランクスに倒され、彼は3年後に現れる人造人間の事を伝えると未来に帰っていきました。

 

ヤムチャとベジータは3年後に来る人造人間に向けて特訓を開始します。

 

そして3年後、ブルマはヤムチャと別れ、ベジータとの間に子供を作っていました。

 

f:id:hikikomogomorin:20200701194221j:plain

(出典:ドラゴンボール28巻/173p)

 

現代のブルマがなぜヤムチャと別れたのかは判明していませんが、未来トランクスは「浮気性だったのでアタマにきて別れた」と話しています。

 

そして未来のブルマは浮気症のヤムチャと別れた後、寂しそうだったベジータと「つい何となく」一緒になったそうです。

 

たぶんブルマもヤムチャと別れて寂しかったんでしょう。

 

いつも1人で寂しそうにしているベジータにシンパシーを感じたのかもしれません。

 

ただ、未来のブルマとベジータは結婚はしていないそうです。

 

以上が、未来のブルマとベジータの馴れ初めなんですが、たぶん現代のブルマとベジータも未来と同じような流れでくっついたと思われます(結婚してるかどうかは不明)。

 

ベジータはブルマと子供を作っているので、もちろん抱いています。

 

ヤムチャとベジータは同じ女を愛し、抱いた「穴兄弟」となったのです。

 

ちなみに、ブルマと別れたヤムチャは新しい彼女を作って楽しそうにしているようです。

 

ヤムチャは浮気症でモテますからね。すぐに彼女くらい作れるでしょう。

 

ベジータはブルマと出会い穏やかになっていく

その後、トランクスも大きくなり、ベジータは家族を持つことになります。

 

最初は荒々しかったベジータでしたが、地球で家族と過ごす内に少しずつ穏やかになっていきます。

 

魔人ブウ編でのベジータはトランクスやブルマを守るため、自分の命をかけて復活した魔人ブウを倒そうとしました。

 

f:id:hikikomogomorin:20200625230308j:plain

f:id:hikikomogomorin:20200625230311j:plain

(出典:ドラゴンボール39巻/103p)

 

悪人だったベジータもすっかりと穏やかになり地球が好きになったのですが、ヤムチャも昔は悪人でした。

 

2人には「元悪人」という共通点があります。

 

ヤムチャとベジータの2人は「元悪人」

f:id:hikikomogomorin:20200701194405j:plain

(出典:ドラゴンボール1巻/121p)

 

ブルマと出会うまえのヤムチャは盗賊でした。

 

自分の根城にしている荒野に入り込んだ人を襲って金品を奪っていたのです(人殺しをしていたかどうかは微妙)。

 

その強さもかなりのもので、必殺技の「狼牙風風拳」の威力も凄まじいです。

 

しかし、そんなヤムチャにも弱点がありました。

 

ヤムチャは「女が苦手」だったのです。

 

f:id:hikikomogomorin:20200701194422j:plain

(出典:ドラゴンボール1巻/132p)

 

ヤムチャはドラゴンボール探しをしていたブルマと出会いますが、女が苦手なせいでアガりまくっています。

 

その後、いろいろあってブルマとヤムチャは一緒にドラゴンボールを探すことになり、しらずしらずの内にヤムチャの女性恐怖症も治っていきます。

 

そして、すっかり女性恐怖症が治ったヤムチャはブルマと仲良くなり、西の都に帰った2人は付き合うことになるのです。

 

ブルマと付き合ったヤムチャは学校に通うようになる

ヤムチャはブルマと付き合い、カプセルコーポレーションで一緒に住み始め、盗賊も引退して学校に通うようになりました。

 

f:id:hikikomogomorin:20200701194522j:plain

(出典:ドラゴンボール6巻/132p)

 

学校に通い始めたヤムチャは顔がいいので女の子たちにモテモテ。

 

きっと楽しい学校生活を送っていたと思います。

 

そしてその後、ヤムチャは亀仙人に弟子入りし武道を学びます。

 

盗賊だった頃のヤムチャはもういません、礼儀正しい仲間思いの好青年になっていました。

 

ブルマの事も呼び捨てではなく「ブルマさん」と呼ぶようにもなっています。

 

f:id:hikikomogomorin:20200701194543j:plain

(出典:ドラゴンボール9巻/64p)

 

ブルマはベジータを更正させるよりも先にヤムチャを真人間にしていたのです。

 

ヤムチャが盗賊から足を洗えたのはブルマと出会ったおかげだと思います。

 

2人の悪人を立派に更生させたブルマ

2人の悪人を立派に更生させたブルマはまさに「アゲパン」です。

 

穏やかになったベジータは働かず、好きな時に特訓をし、好きな時に食べて寝て、好きな時にブルマを抱いて楽しそうな毎日を送っているでしょう。

 

その強さも宇宙最強クラスまでになりました。

 

ヤムチャも結婚はしていませんが、浮気者のモテ男なのでいろいろな女の子とたくさん遊んでいるはずです。

 

何だかんだ金も持っているでしょう。

 

ブルマと出会ったヤムチャは女性恐怖症を克服。学校に通うようになり、女の子にモテモテ。

 

ついには浮気性になってしまいますが、それでいいのです。

 

夢です・・。

 

その他のブルマの功績

ブルマのアゲパンぶりはこれだけではありません。

 

悟空はブルマと出会わなければ、ずっとパオズ山で暮らしていたかもしれません。

 

悟空はブルマと出会い、世界中を旅することでたくさんの仲間たちと出会い、強くなっていきました。

 

もしあのままパオズ山に住んでいたら地球に迎えに来たラディッツによって殺されていたかもしれません。

 

最悪ラディッツたちの仲間に入り、地球人を滅ぼしていた可能性もあります。

 

f:id:hikikomogomorin:20200701200427j:plain

(出典:ドラゴンボールZ 20話)

 

ブルマが悟空をパオズ山から出してくれたおかげで、ドラゴンボールの物語は始まったのです。

 

絶望的な世界でタイムマシンを作った未来ブルマ

f:id:hikikomogomorin:20200701195739j:plain

(出典:ドラゴンボール33巻/180p)

 

未来のブルマももちろんアゲパンです。

 

凶暴な人造人間が暴れる世界を変えるためにタイムマシンを作りました。

 

ブルマの息子のトランクスも礼儀正しい好青年に育ち、過去で修行をしてパワーアップしたトランクスは見事に人造人間とセルを倒し、未来世界に平和を取り戻すのです。

 

ブルマがいなければヤムチャもベジータも悪人のままでしたし、悟空もパオズ山から出ることはありませんでした。

 

人造人間の暴れまわる未来世界を救うこともできなかったでしょう。

 

ブルマは戦闘力こそありませんが、その功績からドラゴンボールの影の主役といってもいいかもしれません。