ドラエト

ドラゴンボールの考察やスーパーロボット大戦シリーズの攻略などをやっているブログです

変身したザーボンに目潰し攻撃を仕掛けるベジータの戦略について【ドラゴンボール】

ドラゴンボールのナメック星編にて、変身をしたザーボンに目潰し攻撃を仕掛けたベジータの天才的な格闘センスについて考察してみたいと思います。

 

 

ザーボンに目潰しを仕掛けるベジータ

ベジータは以前に、変身したザーボンと闘っています。

 

結果はベジータの惨敗となり、瀕死の重傷を負ったベジータはフリーザの宇宙船に運ばれ、ドラゴンボールの在り処を吐かせるためにメディカルマシーンで治療されました。

 

その後、メディカルマシーンで治療されたベジータは、ザーボンのすきを付き宇宙船を脱出。

 

f:id:hikikomogomorin:20200301193055j:plain

f:id:hikikomogomorin:20200301193156j:plain

f:id:hikikomogomorin:20200301193123j:plain
(引用:ドラゴンボール23巻/18.19p)

 

ザーボンは脱出したベジータを追跡し、再び2人は闘うことになるのです。

 

ザーボンはベジータと闘うために変身をし戦闘力を大幅に上げましたが、前回圧倒的な差でベジータに完勝しているため油断しています。

 

f:id:hikikomogomorin:20200301193225j:plain

(引用:ドラゴンボール23巻/46p)

 

突撃してきたザーボンの攻撃を避けたベジータは上空に高くジャンプ。

 

ザーボンもベジータを追いかけて上空に飛び上がりましたが、ベジータはジャンプする際に砂を掴んでおり、ザーボンの顔めがけて砂を落とします。

 

このベジータの行動によってザーボンは目を潰されてしまい、視力を奪われてしまいました。

 

そして、目を潰されたザーボンの背後からベジータは渾身の一撃を叩き込むのです。

 

f:id:hikikomogomorin:20200301193251j:plain

f:id:hikikomogomorin:20200301193315j:plain

(引用:ドラゴンボール23巻/48.49p)

 

ベジータの攻撃を受けて吹き飛ばされてしまったザーボンに、さらなるベジータの追加攻撃が入ります。

 

凄まじい勢いで何発も気功波をザーボンに叩き込んでいきます。

 

この攻撃によりザーボンは大幅に戦闘力を落としてしまいました。

 

ベジータの奇襲攻撃は大成功

f:id:hikikomogomorin:20200301193341j:plain

(引用:ドラゴンボール23巻/56p)

 

ベジータは、前回勝って油断をしているであろうザーボンの心理を見抜き、一気に奇襲攻撃をかけて大ダメージを与えようと考えていたのです。

 

この奇襲攻撃を受けたザーボンは大幅に戦闘力を減らしてしまったので、ベジータは、いとも簡単にザーボンを殺すことに成功します。

 

ところで、この変身をしたザーボンと闘う前に、ベジータはメディカルマシーンに入り治療を受けていました。

 

サイヤ人には「死にかけてから復活すると戦闘力が上がる」という設定があります。

 

もしかしたら、ベジータは奇襲攻撃をかけなくてもザーボンに勝てていたのでは無いでしょうか?

 

「サイヤ人は死にかけてから復活すると強くなる設定」が出てくるのは、この少し後

サイヤ人には「死にかけてから復活すると戦闘力が上がる」という設定がありますが、この設定はベジータがザーボンに奇襲攻撃を仕掛けた少しあとに出てきます。

 

f:id:hikikomogomorin:20200301193412j:plain

(引用:ドラゴンボール23巻/57p)

 

ベジータがキュイと闘った時にも、この設定を匂わすような台詞がありますが、ちゃんと設定として出てきたのは奇襲攻撃のあとです。

 

f:id:hikikomogomorin:20200301193444j:plain

(引用:ドラゴンボール21巻/122p)

 

そのため、ベジータが奇襲攻撃を仕掛ける話の前までは、この設定がなかったので、ザーボンはメディカルマシーンにベジータを入れて治療をしてしまったのだと思います。

 

さらに、上記の設定は2人が闘い始める時には存在していないので、「前回負けているベジータは、ザーボンにどうやって勝つんだろう?」と読者は思うはずです。

 

読者に戦闘力がザーボンよりも劣っていると思われているベジータは、ザーボンの油断をついて目を潰し、一気に奇襲攻撃をかけることで、戦闘力の差をもろともせずに形勢を逆転させることに成功します。

 

ザーボンの心理を読んだベジータの天才的な格闘センスが光る最高のシーンです。

 

そして、この後に「サイヤ人は死にかけてから復活するとパワーアップする設定」が出てきて、ベジータは奇襲攻撃をかけなくともザーボンに勝てていただろう事が判明し、ベジータの強さが一層引き立ちます。

 

変身したザーボンと闘った時のベジータは完全には回復していなかった可能性もある

メディカルマシーンで治療を受けていたベジータは、おそらく意識が回復した直後にメディカルマシーンを破壊しています。

 

f:id:hikikomogomorin:20200301193055j:plain

f:id:hikikomogomorin:20200301193156j:plain

f:id:hikikomogomorin:20200301193123j:plain

(引用:ドラゴンボール23巻/18.19p)

 

メディカルマシーンで体力が完全に回復するまで待っていては、部屋にフリーザが来てしまう恐れがあるでしょう。


そのため、ベジータは意識が回復し、ある程度戦闘力が戻ったタイミングでメディカルマシーンから出たのかもしれません。

 

なお、ベジータの体調が万全の状態で有るかどうかに関わらず、どちらにしてもザーボンはベジータに油断してかかるはずですので、どう転んでもザーボンに勝ち目はなかったと思います。


ザーボンとベジータでは、闘いのセンスが違い過ぎるのです。