ドラエト

自分の趣味、好きなことについて書き散らかしています。

人造人間16号はいいやつで優しいが故に17号達を破壊しようとした可能性もあるのではないか?【ドラゴンボール】

人造人間16号は争いを好まない優しい性格をしています。

 

そして、その強さは17号達を凌ぐほどです。

 

この記事では、「人造人間16号が17号と18号を敵視し、破壊しようとした可能性」について考察してみたいと思います。

 

 

いいやつで優しい人造人間16号

ドクター・ゲロの作り出した人造人間16号は争いを好まず、とても穏やかな性格をしている優しい人物です。

 

f:id:hikikomogomorin:20200206191711j:plain

f:id:hikikomogomorin:20200206191716j:plain

(引用:ドラゴンボール30巻/34.79p)

 

そんな優しい性格をしている16号でしたが、ドクター・ゲロからは、その穏やかすぎる性格が原因で「失敗作」と言われてしまいました。

 

争いを好まない人造人間16号ですが、17号と18号を大幅に凌ぐほどのパワーを持っています。

 

原作内で出てきたセルを除く人造人間の中では最強と言えるでしょう。

 

地球の為にセルと闘う16号

性格が穏やかなため、ドクター・ゲロからは失敗作扱いされていた16号ですが、作られた本来の目的である「孫悟空の抹殺」という命令には忠実で、悟空にだけは敵意を剥き出しにしています。

 

f:id:hikikomogomorin:20200206191735j:plain

f:id:hikikomogomorin:20200206191738j:plain

(引用:ドラゴンボール33巻/149p)

 

抹殺対象である悟空にだけ敵意を持っていた16号でしたが、原作では地球の平和を守るために第一形態のセルと闘うことになります。

 

16号は自然と小鳥をこよなく愛しており、地球の平和を脅かすセルを許すことが出来なかったのでしょう。

 

17号達と仲良くなった16号

人造人間16号は17号達と一緒に行動していました。

 

現代の17号と18号はヤンチャではありますが、無駄に他者を殺したり傷つけたりしないような穏やかな性格をしています。

 

16号も穏やかな2人と相性がいいのか、一緒に旅ができて楽しかったようです。

 

f:id:hikikomogomorin:20200206191820j:plain

(引用:ドラゴンボール31巻/141p)

 

未来世界の17号と18号

現代の17号達は穏やかな性格をしていますが、未来世界の17号達は破壊と殺戮を楽しみ、娯楽で人殺しをするような残忍な性格をしています。

 

f:id:hikikomogomorin:20200206191852j:plain

(引用:ドラゴンボール35巻/159p)

 

現代の17号達と性格が大きく異なりますが、これはドクター・ゲロによる再調整によって命令を聞くように大人しくさせられた影響だと考えることも出来ます。

 

ドクター・ゲロは17号達を起動させた際に言うことを聞かなかったので、制御コントローラーで停止させ命令を聞くように再調整を施しています。

 

16号を起動させようとした17号を必死で止めるゲロ

再調整を受けた17号達をドクター・ゲロは起動させましたが、結局言うことを聞かずに殺されてしまいます。

 

16号を起動させようとしていた17号を必死になって止めていましたが、その命令すら聞くこと無く死んでしまいました。

 

それにしてもドクター・ゲロは何故、16号を起動させることを必死になって止めようとしたのでしょうか?

 

16号は危険で17号達の首を絞めるうえ、ドクター・ゲロ自身にも危険があるかのような台詞を言っています。

 

f:id:hikikomogomorin:20200206191930j:plain

f:id:hikikomogomorin:20200206191933j:plain

(引用:ドラゴンボール30巻/13.14p)

 

その理由は恐らく人造人間16号の性格にあると思います。

 

前述したように、16号は地球を守るためにセルと闘いました。

 

ドクター・ゲロの目的は悟空を殺し世界を征服することです。

 

16号に「地球を脅かす存在」と認識される可能性

自分を改造して人造人間20号となったドクター・ゲロは、南の都で無差別殺人を働いていました。

 

f:id:hikikomogomorin:20200206191959j:plain

(引用:ドラゴンボール29巻/15p)

 

無差別殺人を働くような20号を16号が放っておくはずがありません。

 

もしドクター・ゲロが16号を起動してしまえば、世界征服の邪魔をされるどころか自分の身に危険が及ぶ可能性があります。

 

そのため、ドクター・ゲロは16号を起動したがらなかったのかもしれないです。

 

また、ドクター・ゲロは17号と18号に悪の心を植え付けています。

 

f:id:hikikomogomorin:20200206192023j:plain

(引用:ドラゴンボール超6巻/109p)

 

再調整を施された17号達は穏やな性格になっていましたが、ドクター・ゲロは「まだ17号達には、ある程度の凶暴性が残っている」と考えていた可能性があります。

 

そのため、ドクター・ゲロは「自分だけでなく17号たちにも危険がある」と脅し、16号を起動させようとしている17号の事を全力で止めたのだと思います。

 

現代の17号達も凶暴だったら16号が破壊しようとしていた?

恐らくドクター・ゲロは、再調整後の17号と18号に凶暴さが残っていると思っていたのでしょう。

 

そしてもし、ドクター・ゲロの推測通り、再調整後の17号達が凶暴な性格をしていた場合、果たして16号がそのまま放っておいたのでしょうか?

 

16号は悟空の抹殺よりも先に、凶暴な17号と18号を破壊しようとした可能性があります。

 

16号は争いを好まず自然を愛していますので、無差別殺人を好み自然を破壊する凶悪な17号達を許すわけがありません。 

 

17号達よりも16号の方が大幅にパワーが上なので、殺人や自然破壊をする前に17号達は16号によって破壊されていたと思います。

 

そして、もし未来世界にも人造人間16号が現代と同じような性格をしたまま存在していたら、凶悪な人造人間17号と18号が暴れまわる地獄のような未来にはなっていなかったかもしれません。

 

関連記事です