ドラエト

自分の趣味、好きなことについて書き散らかしています。

【スパロボT感想と評価】Gガンが出る!師匠も出る!面白い最高のスパロボ【スーパーロボット大戦Tレビュー】

スポンサーリンク

スーパーロボット大戦Tの1周目を男性主人公のサイゾウでクリアしたので感想を書きたいと思います。今は2周目をやっています。2周目の主人公は女性主人公のサギリを選択しました。

 

Gガンダム系の機体性能や主人公の後継機のことなどについて書いていくので、ネタバレ注意となっています。

 

 目次

 

スパロボT評価感想

f:id:hikikomogomorin:20190515085013j:plain

出典:スーパーロボット大戦T

 

今作は個人的に好きな作品の機動武闘伝Gガンダムが出るということで、スパロボT発売前から楽しみにしていたんですが、師匠が出てくるかどうかが不安でした。

 

生スパロボチャンネルやうますぎwaveでも師匠のことについての情報を出さないし、Gガンダムも原作終了後参戦ということで、もしかしたら今作は師匠が出ないのではないかとかなり心配していたんですが、発売前の公式ツイッターで師匠が出るというネタバレを喰らいまして、

もう、大歓喜でございます。ただ、仲間になるかどうかの不安もありましたが、

 

f:id:hikikomogomorin:20190323113416j:plain

出典:スーパーロボット大戦T

 

▲アタッカーとダッシュは養成したもの。

 

ちゃんと仲間になるということで最高でした。師匠も特殊スキル「極」と「プレッシャーL3」持ちで、ヒット&アウェイをデフォルトで持っているので、とても強く使いやすい師匠です。

 

DVEでのイベントもありますし、わりかし最初の方で師匠をお試しな感じで使うこともできるので、その強さを序盤から堪能することができます。プレミアムサウンドエディションなら原曲で原作OP「FLYING IN THE SKY」「Trust You Forever」をかけることもできるので泣けます。14話で泣きました。

 

師匠以外のキャラクターももちろん出てきて、かなり強いです。

 

Gガンダム勢が強い

Gガンダムで今回出てくるのは、

  • ゴッドガンダム(ドモン)
  • ガンダムマックスター(チボデー)
  • ドラゴンガンダム(サイサイシー)
  • ガンダムローズ(ジョルジュ)
  • ボルトガンダム(アルゴ)
  • ノーベルガンダム(アレンビー)
  • マスターガンダム(東方不敗)

と一通りの機体とパイロットが出てきます。レインは今作ではパイロットではなくサポーターとして使うことになります。

 

また、今作のGガンダム勢はシャッフル同盟はもちろん、ノーベルガンダムもかなり強いです。

 

⬛ゴッドガンダム

f:id:hikikomogomorin:20190325105529j:plain

出典:スーパーロボット大戦T

 

近距離戦を得意とする機体。高火力のP武器で敵をもりもり倒すことができます。ゴッドガンダムのカスタムボーナスとドモンのエースボーナスを発動すると戦闘マップ開始時に気力140でスタートできます。

 

⬛ガンダムマックスター

f:id:hikikomogomorin:20190325105544j:plain

出典:スーパーロボット大戦T

 

エースボーナス『出撃時に気力+10、カウター発生時、必ずクリティカルが発生する。』とカスタムボーナス『「パンチ」と名の付く武器にC(カウンター)属性付与』を生かして鉄壁をかけて敵の群れに突っ込ませ、カウンター+クリティカルの反撃無双ができます。

 

底力を少し養成すると鉄壁を使わなくても大丈夫なようになり、ボス戦用などにSPを温存することができます。

 

⬛ドラゴンガンダム

f:id:hikikomogomorin:20190325105557j:plain

出典:スーパーロボット大戦T

 

エースボーナス『出撃時に気力+10、最終回避率+20%、クリティカル率+20%。』エースボーナス『すべての武器の射程+1、CRT+20。』の効果によって射程と回避率が上がり、CRT+40%UP。スキル「見切りL3(養成)」併用で最終回避率+35%になる、はず。

 

P武器の射程が長く使いやすい万能機体といった感じです。サイサイシーもかく乱を覚えるので味方の支援もできます。

 

⬛ガンダムローズ

f:id:hikikomogomorin:20190325105652j:plain

出典:スーパーロボット大戦T

 

カスタムボーナスでマップ兵器版ローゼススクリーマーが追加されます。ローゼススクリーマーは敵味方識別が有効の着弾点指定方のマップ兵器なので使いやすいですが、少し威力が抑えめです。

 

しかし、ジョルジュのエースボーナス『出撃時に気力+10、援護攻撃に参加するとExC+2。』によって、ジョルジュを援護攻撃させるたびにExCが+2されて行きます。

 

ジョルジュの援護攻撃レベルはL2なので、2回援護攻撃をするとExC+4になり、マルチアクションでマップ兵器を連発できます。援護攻撃を養成して4回援護させるとExC+8になり、好き勝手暴れさせる事ができるようになります。トリックアタックを使うと無消費でマップ兵器などを使うこともできてしまいます。

 

ここにスキル「ヒット&アウェイ」を養成すればとんでもない強さになります。

 

⬛ボルトガンダム

f:id:hikikomogomorin:20190325105751j:plain

出典:スーパーロボット大戦T

 

高装甲値の機体で援護防御をさせるとリアル系の機体が落とされる危険性をぐっと下げることができます。カスタムボーナスで移動力を上げることができるので自分から殴りに行くこともでき、そこそこ避けます。ただ初期では底力L5と少し低いので、少し底力を養成すると簡単には落とされなくなります。

 

⬛ノーベルガンダム

f:id:hikikomogomorin:20190325105902j:plain

出典:スーパーロボット大戦T

 

序盤から使える修理も戦闘もできる万能機体。初期に加入した時のシャッフル同盟の機体はスーパーモードが使えず移動力が5しかないのに対して、ノーベルガンダムは6あります。

 

武装もビームフープが射程1~5でP武器、ゴッドフィンガーが射程1~4でP武器と武装面でもとても優秀で序盤に関してはシャッフル同盟(ゴッド以外)の機体よりも頑張れる性能になっています。ゴッドフィンガーも攻撃力が高めになっています。

 

アレンビーも途中で精神コマンド「激励」をおぼえるので、シャッフル同盟の機体がスーパーモードを使えるようになっても激励を使って支援したりできるようになります。

 

もちろんそのまま戦闘を任せ続けることもでき、終盤まで使っていくことができる機体だと思います。

 

⬛マスターガンダム

f:id:hikikomogomorin:20190325105912j:plain

出典:スーパーロボット大戦T

 

極とプレッシャーL3をもち、機体性能もゴッドと同等かそれ以上、武装に関しても消費ENがゴッドよりも低く、ヒット&アウェイと射程2~7の石破天驚拳で遠距離戦もできてしまいます。強化パーツスロットもフル改造ボーナスで4つにすることができます。

 

以上のような感じなんですが、特にジョルジュのエースボーナスがかなりすごいことになっていました。

 

f:id:hikikomogomorin:20190325105939j:plain

出典:スーパーロボット大戦T

 

1周目の撃墜数TOP10がこんな感じです。ドモンをトップエースにしたかったのでジョルジュはかなり抑え気味に使ってましたが、何も考えずにやっていたらジョルジュがトップエースだったと思います。

 

今作はGガンダム系の機体がかなり強く、ストーリー的にも存在感があるので満足しています。ただ今作のGガンダムに関して不満がないわけではなくて・・・。

 

あれがない、これがないなGガンダム

ますゴッドガンダムとマスターガンダムに超級覇王電影弾がないです。合体攻撃もシャッフル同盟拳しかなく、ゴッドとノーベルやゴッドとマスターの合体攻撃も期待していただけに残念です。石破ラブラブ天驚拳もないですね。

 

マスターガンダムの武装もあれがない、これがないという感じ。まあ作るの大変だろうし、今作でGガンダムをこれだけやってくれたら全然満足かなあと。不満点をひっくり返す面白さはちゃんとあると思います。ストーリー的にもGガンダムはかなり目立ちますし、色々やばいイベントとか色々最高なので最高です。

 

次回以降で、もしGガンが出るなら「合体攻撃とか色々頼みます」って感じです。

 

減点方式だと70点、加点方式だと4億9999万9970点という感じです。またプレミアムサウンドエディションだと原曲で原作OPを流せるので最高です。でも欲を言えば「戦闘男児 〜鍛えよ勝つために〜」とかほしいところでもあります。

 

さらにGガンダムに関しては、師匠加入ポイントが加わって53億点なので最高なんですけれどね。ただ、あれがないこれがないで-30点で52億999・・・って、これもういいでしょう。

 

今後Gガンダムがスパロボに参戦したときに、これらの不満点が解消されていれば66兆2000億点は硬いでしょう。

 

スパロボTの難易度などについて

まずは序盤の難易度などについて書いていきます。SRポイントの条件も見たかったのでスタンダードモードではじめました。

 

序盤はアルカディア号やグレードマジンガーなどの機体が移動力5、ノーベルとゲシュペンストなどの修理、補給もちが移動力6、ブラックサレナとソードフィッシュⅡが移動力8~7という感じで、ブラックサレナとソードフィッシュⅡを先行させて反撃などで削っていき、後ろから追いついたゴッドやグレートなどで倒すというゲームバランスです。

 

※ゴッドガンダムはハイパーモード発動で移動力6

 

修理機体は移動力6に設定されていて足が遅くて修理ができないといった状況になりにくい様になっています。

 

序盤から敵の命中率も高いように感じました。また、ドモンは直感を覚えるまでは命中率が低くきつかったです。しかし主人公の誕生日を寺田誕生日にして感応を覚えていたのでなんとかなりました。寺田誕生日にしていなかった場合は少し大変かもしれません。

 

大体10話くらいまではチュートリアル的な感じで各ユニットの特徴と動かし方を覚えるような構成になっていると思います。

 

今作は移動力の低い機体がそこそこ多めの印象だったのでサイドプランでブースターが売っていたら買うようにしていました。敵の命中率も高めだったので運動性を改造した機体でもかなり被弾します。

 

終盤には敵の数も多くなりますので、かく乱やシステム掌握、指揮官の範囲内にリアル系ユニットをおいたりしながら攻略しました。

 

ただ敵の命中率が高いとか難しいと言っても、機体をフル改造したりパイロット能力を上げまくればいくらでもぬるくできます。

 

敵の命中率が高い原因について

今作の敵の命中率が妙に高いと思っていたんですが、なんとなく原因のひとつがわかりました。こちらをご覧ください。

 

▼アムロ(スパロボT)

f:id:hikikomogomorin:20190404214812j:plain

▼アムロ(スパロボX)

f:id:hikikomogomorin:20190404214814j:plain

出典:スーパーロボット大戦T

 

Lv99のアムロのステータスの回避値が、スパロボTは253、スパロボXだと289になっています。また回避以外のステータスは同じ数値ですが、防御値がスパロボTのほうが30ほど高くなっています。

 

アムロに限らず、今作のリアル系は命中に比べると回避が20~30低くなり、防御が高めになっている、という傾向が見られます。ただ、最初から回避が低いわけではなくて、

 

f:id:hikikomogomorin:20190404215902j:plain

f:id:hikikomogomorin:20190404215904j:plain

f:id:hikikomogomorin:20190404215906j:plain

出典:スーパーロボット大戦T

 

上から順にLv35、56、71のアムロのステータスです。回避と命中と防御のステータスの変化を比べると以下のような感じになります。

 

  回避 命中 防御
アムロLv35 150 157 171
アムロLv56 184  199 205 
アムロLv71 208 229  229 
アムロLv99 253  285 274 

 

Lv35時点では回避と命中の差は7ですが、Lv56になると15の差が出てきます。Lv71の時点での差は21と差が広がって、Lv99で32の差が出てきています。

 

これを見ると回避が最初から低く設定されているわけではなく、多分Lv40~50あたりから回避の成長が鈍化してくるのではないかと思います(アムロの場合)。防御に関してはちょっとよくわからないです。

 

ちなみにスーパー系ですが、こんな感じです。

 

▼舞人(スパロボT)

f:id:hikikomogomorin:20190404221321j:plain

▼舞人(スパロボX)

f:id:hikikomogomorin:20190404221426j:plain

出典:スーパーロボット大戦T

 

前作に出てた舞人で比べますが、スパロボTの舞人の回避が230でスパロボXだと216です。防御値が289(T)、309(X)となっていて、前作より今作のほうが回避が高くなり、防御が低くなるというリアル系とは逆の調整が入っています。

 

これも大体のスーパー系で同じ傾向が見られます(成長率は不明)。

 

存在感のあるスパロボTオリジナル系

f:id:hikikomogomorin:20190515085412j:plain

出典:スーパーロボット大戦T

 

スパロボV、スパロボXはオリジナル系があまり目立たないようになっていたように感じていて、個人的にはオリジナル系はもうちょっと目立ってもいいと思っていたのですが、今作は主人公以外にもオリジナルキャラクターが多く、存在感があったように思います。サイドプランでの会話もキャラクターがたくさんいるのでかなり賑やかな感じになっています。

 

また敵勢力もV、Xでは必要最低限の敵数でストーリー的にもあまり目立たないような感じでしたが、今作は敵数も多めで版権作品とも絡んだりしています。個人的にはもっとはっちゃけてもいいとは思ってはいますが、絡み方もでしゃばりすぎずでかなりいい感じだと思います。

 

女性キャラが多いので華やかな感じで素晴らしいと思います。女性陣のタイプも色々別れているので素晴らしいと思います。

 

素晴らしいんじゃないでしょうか。

 

後継機が強い

今作の後継機はV、Xと比べるとかなり強いと思います。大体マップ兵器のおかげですが、このマップ兵器がかなりの範囲を持っていて使いやすいです。寺田誕生日だと決意を覚えるので大暴れさせることもできます。

 

前述した主人公勢の扱いもそうですが、今まで抑え気味だったオリジナル系の扱いを少し開放してきたようにも思えます。

 

追記:寺田誕生日でなくても決意は覚えますが、消費SPが少し多いです。

 

豊富なイベントイラスト

f:id:hikikomogomorin:20190325110836j:plain

出典:スーパーロボット大戦T

 

イベントイラストという言い方でいいのかわからないんですけど、イベントイラストで書いていきます。

 

スパロボTではイベントイラストがV、Xに比べると数が多いと感じました。主に新規参戦作品や復帰勢のイラストが多い印象ですが、ストーリーを進めていると所々に挟まるので楽しいです。

 

サポーターの位置について

f:id:hikikomogomorin:20190325110929j:plain

出典:スーパーロボット大戦T

 

これは個人的に感じたことですが、今作では戦闘マップ中に使うと様々な効果を発揮するサポーターコマンドがあります。

 

サポーターは役立つものがあり、戦闘要員以外のキャラにもスポットが当たるのでいいのですが、サポーターコマンドが精神の下に設定されているのでちょっと邪魔に感じました。

 

というのはいつも機体にカーソルを合わせて決定を押し、十字キー上を2回押して精神を使っているので、精神コマンドを使いたいのにサポーターを間違って選択してしまうことが多かったです。

 

今は慣れて上を3回押すクセがつきましたが、始めたばかりの頃は結構誤爆しました。もちろんサポーターがこの位置で便利と感じている人もいるでしょうし、個人的には「ちょっと邪魔だったかなあ~」という感じです。

 

でもこれ、下を3回押して精神を選択している人には影響ないですね。精神選択の下押し派と上押し派はどっちのほうが多いんでしょうかね。

 

次回作以降のスパロボについて

スパロボVからシングルユニットになってシンプルになり遊びやすくなったと思いますが、V、X、T、と3作似たようなシステムが続いてきたので、そろそろなにか大きな変化を入れてくるような気がしています。

 

例えばツインユニットとかトライバトルとか小隊制にしてくるとか、色々あると思いますが、個人的にはプレイ時間も余分にかさばるし、編成するのがめんどくさいっちゃめんどくさいので、このままシングルユニットで行ってくれるとありがたいと思っています。

 

⬛期間限定版


⬛PlayStation®4
パッケージ期間限定版・ダウンロード期間限定版:12,600円+税
⬛Nintendo Switch™
パッケージ期間限定版・ダウンロード期間限定版:12,600円+税


⬛通常版


⬛PlayStation®4
パッケージ通常版・ダウンロード通常版:8,600円+税
⬛Nintendo Switch™
パッケージ通常版・ダウンロード通常版:8,600円+税