ドラエト

自分の趣味、好きなことについて書いていけたらと思います。

スポンサーリンク

【RDR2攻略日記】「チャプター1天地創造の余波」鹿を弓で射る。熊さん強すぎ。【レッド・デッド・リデンプション2/ネタバレ/プレイ日記】

レッド・デッド・リデンプション2「チャプター1 天地創造の余波」の攻略日記になります。

 

「チャプター1 天地創造の余波」のあらすじはこちら。ネタバレ注意となっております。

 

ギャングの蓄えが乏しくなり皆が腹を空かせ始めたので、ピアソンはアーサーとチャールズを狩猟に行かせる。

引用:レッド・デッド・リデンプション2

 

 目次

 

食料確保のためチャールズと雪山へ狩りに出かける

f:id:hikikomogomorin:20181029161948j:plain

f:id:hikikomogomorin:20181029161951j:plain

キャンプの食料が少なくなっているようで、料理係のピアソンは嘆いています。でもピアソンさん、あんたちょっと食いすぎなんじゃないんですか。

 

f:id:hikikomogomorin:20181029162007j:plain

食料が少ないのでチャールズと一緒に雪山で狩りをすることになりました。チャールズはなれているのか、雪山の中で獲物の痕跡をすぐに発見し、アーサーもそれについていくことになります。

 

チャールズについていくとすぐに鹿を発見しました。

 

鹿を弓で撃つ

f:id:hikikomogomorin:20181029162036j:plain

雪山で見つけた鹿を弓を射って殺します。できるだけ1発で倒したいところです。

 

f:id:hikikomogomorin:20181029162054j:plain

f:id:hikikomogomorin:20181029162058j:plain

1匹目を倒すとチャールズから「もう1匹いってみよう」と言われたので、もう1匹の鹿を探します。イーグルアイを使って2匹目の鹿を見つけ、弓で殺すことに成功しました。

 

これで、キャンプの食料問題も解決です。チャールズと一緒に馬に乗ってキャンプまで帰ることにします。

 

帰り道、熊さんに遭遇

f:id:hikikomogomorin:20181029162120j:plain

f:id:hikikomogomorin:20181029162124j:plain

帰り道の途中、熊に遭遇してしまいました。貴重なタンパク源です。熊も仕留めれば、さらにたくさんの食料が手に入ります。

 

チャールズの制止を振り切って、早速熊さんをぶっ殺しましょう。

 

熊さんと戦ってみた

f:id:hikikomogomorin:20181029162140j:plain

f:id:hikikomogomorin:20181029162139j:plain

はい、ということで見事に返り討ちにされてしまいました。熊さん強すぎです。ぶっ殺すつもりがぶっ殺されてしまいました。熊さんも腹を空かせていたんでしょう、ガブッと逝かれましたねえ・・・。

 

リベンジ熊さん

f:id:hikikomogomorin:20181029162229j:plain

f:id:hikikomogomorin:20181029162231j:plain

もう一回戦ってみることにします。先程はリボルバーで挑んだのが行けなかったのです。熊さんをなめすぎていたので今度はリピーターで挑みます。

 

熊さんに容赦せず鉛玉を打ち込みます。

 

ちねっ!!

 

逃げる熊さん

f:id:hikikomogomorin:20181029162238j:plain

リピーターでバンバン撃っていきましたが、倒す前に猛スピードで逃げられてしまいました。追いかけてもどこにいるのかわからずにチャールズから離れすぎてミッション失敗になってしまうので、熊肉は諦めます。

 

お家に帰りましょう。

 

鹿の皮を剥ぐ

f:id:hikikomogomorin:20181029162332j:plain

f:id:hikikomogomorin:20181029162334j:plain

キャンプについたら、ピアソンから鹿の皮を剥くように言われたので、皮を剥いていきます。剥くのは得意です。任せなさいピアソンさん。

 

そうです。皮を剥くのは得意なんです。右手でも左手でも、立ってようが、そうでなかろうが、スルッと剥くことができるのです。

 

f:id:hikikomogomorin:20181029162339j:plain

(C)2018 Rockstar Games, Inc.

 

どんなもんじゃい!!!

 

こちらもどうぞ