ドラエト

自分の趣味、好きなことについて書いていけたらと思います。

イダーサとイコーセは天下一武道会のあと学校に行った時クラスメイトにどんな反応をされたんだろう【ドラゴンボール考察】

ドラゴンボール魔人ブウ編の第25回天下一武道会少年の部で悟天とトランクスと戦ったイダーサとイコーセの考察です。

 

この時の悟天は7歳、トランクスは8歳、イダーサは15歳、イコーセは14歳になります。

 

イダーサとイコーセの名前の由来は髪型がダサいかららしいです。

 

ドラゴンボールZ キャラクターコレクション イダーサ 32 大ボラ10分・負け1秒 カードダス

 

 目次

 

天下一武道会子供の部で悟天とトランクスに負けるイダーサとイコーセ

天下一武道会は当初テレビ中継されるはずでしたがピッコロがグレートサイヤマンになった悟飯の正体がオレンジスターハイスクールのクラスメイトたち(シャプナーやイレーザや中島)にバレないために会場内のすべてのカメラを壊してしまいテレビ中継されることはありませんでした。

 

テレビ中継されなければイダーサとイコーセを見ることはできなくなりますが、2人は自己顕示欲の塊みたいな性格をしていると思います。

 

きっと自分の活躍を見せるため、天下一武道会の会場に沢山のクラスメイトをよんでいたでしょう。

 

自信満々で天下一武道会に挑んだイダーサとイコーセでしたが小さな子どもである悟天とトランクスに手も足も出ずにやられてしまいます。

 

イダーサとイコーセに誘われて会場に来ていたクラスメイトたちもイダーサとイコーセが小さな子どもにやられる所を見ていたと思います。

 

小さな子供に負けてしまったイダーサとイコーセは天下一武道会の後、学校に行ったと似にどんな反応をされたのか考察したいと思います。

 

天下一武道会で悟天とトランクスに負けたあと学校に行ったイダーサとイコーセはクラスメイトにどんな反応をされたか

はたして小さな子どもに負けたイダーサとイコーセは学校に行った時クラスメイトにどんな反応をされたのでしょうか。

 

仮説1、不登校

イダーサとイコーセは小さな子どもに負けてしまいました、悟天とトランクスを知らない人からしたら2人はただの子供に見えているでしょう。

 

イダーサとイコーセもクラスメイトに大口を叩いていたあでしょうから、小さな子どもに負けてしまい、みっともなくて不登校になってしまったかもしれないです。

 

仮説2、転校した

子供に負けてたイダーサとイコーセはかなり恥ずかしい思いをしたと思います。

 

しかしイダーサとイコーセ以上に恥ずかしい思いをした人物が存在していて、それはイダーサとイコーセの母親です。

 

イダーサとイコーセの母親は、イダーサとイコーセ以上の目立ちたがり屋のような気がします。

 

イダーサとイコーセの母親もきっと自己顕示欲の塊でしょうから、ママ友やら近所の人やら知り合いを自分の子供の活躍を見せるため会場に沢山よんでいたかもしれません。

 

しかしイダーサとイコーセは小さな子どもに負けてしまいました。

 

イダーサとイコーセの母親は恥ずかしくなってしまい、みんなからなんて言われるか怖くなって知り合いのいない地域まで引っ越してしまったかもしれません。

 

仮説3、意外と人気者

イダーサとイコーセを倒した悟天とトランクスは天下一武道会少年の部決勝戦で凄まじい戦いを繰り広げます。

 

悟天とトランクスの凄まじい戦いをみたイダーサとイコーセのクラスメイトたちも天下一武道会の後学校にきた2人にトランクスと悟天と戦った時の感想を聞きまくったかもしれません。

 

決勝戦ですさまじい戦いを見せた悟天とトランクスと戦ったイダーサとイコーセは学校の人気ものになったかもしれません。

 

仮説4、普段と何も変わらない

イダーサとイコーセはおそらくガキ大将てきな存在でしょうから、クラスメイトたちもイダーサとイコーセを怖がって何も言えなかったかもしれません。

 

しかし影でコソコソ悪口を言われていた可能性はあります。

 

でもイダーサとイコーセに悪口を言っていたことがバレたら校舎裏に呼び出されてボコボコにされるでしょうから二人の兄弟はいつもと変わらない日常を送ったかもしれないです。

結論

イダーサとイコーセが天下一武道会で小さな子供にボコボコにされたとしても、たぶんクラスメイトは2人のことを怖がっているでしょうから何も言えなかったと思います。

 

もしもイダーサとイコーセの悪口を言っていたことが二人に知れたら大変なことになるからです。

 

なので悟天とトランクスにこてんぱんにやられた2人は天下一武道会の後何食わぬ顔で学校に行って普段通りの生活を送ったのかもしれません。

 

 

 

関連記事です