ドラエト

自分の趣味、好きなことについて書いていけたらと思います。

スポンサーリンク

フロスト脱落!フリーザの狙いと悟飯【ドラゴンボール超108話感想】

ドラゴンボール超108話『フリーザとフロスト!交わる悪意』の感想です。

 

悟飯は第2宇宙のヤードラット星人ジーミズと戦っていました。

 

悟飯はジーミズの瞬間移動に翻弄されて大苦戦しています。

 

ジーミズの瞬間移動攻撃に対処法を見いだせない悟飯はジーミズの攻撃によってダメージを蓄積してしまい倒れてしまいます。

 

倒れた悟飯にトドメを刺そうとしたジーミズでしたがフリーザが乱入してきてジーミズを攻撃。

 

ジーミズはフリーザにボコボコにされて場外に落ちて脱落してしまいました。

 

限界突破×サバイバー(DVD付)

 

 目次

 

手を組んでいたフリーザとフロスト

ジーミズとの戦いでダメージを受けている悟飯の前に第6宇宙のフロストが現れます。

 

力の大会が始まる前にフロストとフリーザは手を組んでいたようで、ジーミズとの戦いで負傷している悟飯を2人で場外に落としてしまおうと考えていたようです。

 

フリーザとフロストは力の大会が始まる前になんかぼそぼそ話してましたからね、それにフリーザは力の大会で優勝して超ドラゴンボールを手に入れる目的もあるみたいです。

 

悟飯もジーミズとの戦いでボロボロの状態なのでフリーザとフロストの二人がかりで攻撃されては厳しいものがあるかもしれません。

 

・フリーザとフロストの譲り合い

フリーザとフロストは勝ちを確信しているのか悟飯のトドメをさすのを譲り合っています。

 

フリーザ「フロストさん、あなたからどうぞ。すきなだけ痛めつけてやってください」

 

フロスト「いえ、ここは先輩から」

 

フリーザ「ほほほ・・・では、お言葉にあまえて」

 

フリーザはフロストから先輩と呼ばれています。フロストとフリーザの実力差もかなりあるようでシャンパもフリーザにはフロストはかなわないと考えているようです。

 

大会が終わったらフロストは第6宇宙でフリーザと組んで大暴れするんですかね。

 

そしてフリーザは悟飯に殴りかかっていきます。

 

フリーザは悟飯と戦い初めはしたが、後ろで見ているフロストは念のため手を組んだフリーザが裏切らないように片手にエネルギーを貯めていつでも攻撃できるようにしています。

 

ただフリーザよりもフロストのほうが弱いと言うようなことをシャンパは言っていたのでフロストには勝ち目はないでしょう。

 

フリーザVS悟飯

悟飯に殴りかかっていったフリーザ、悟飯はフリーザの攻撃を受け止めると何かを感じた様子でしたが、フリーザはお構いなしに悟飯に攻撃を続けて殴り飛ばしていきます。

 

フリーザに殴り飛ばされた悟飯もアルティメット悟飯に変身してフリーザに反撃、2人の激しい殴り合いが繰り広げられていきます。

 

フリーザは最終形態のままなのでアルティメット悟飯が優勢のようです。このままではフリーザは負けてしまいますね。

 

いくら悟飯もダメージを負っているとはいってもアルティメットに変身してしまえば最終形態フリーザとは圧倒的な差があるでしょう。

 

・ゴールデンフリーザに変身するフリーザ

フリーザも流石に最終形態のままでは悟飯に勝てるわけもなく、ゴールデンフリーザに変身していきます。

 

ゴールデンフリーザとアルティメット悟飯の戦いが始まりました。2人は激しい肉弾戦を繰り広げていますが、ゴールデンフリーザがアルティメット悟飯を圧倒していき悟飯は倒れてしまいます。

 

ゴールデンフリーザは超サイヤ人ブルー悟空と同じくらいの強さでしょうから、アルティメット悟飯では流石に厳しいものがあったのかもしれません。

 

個人的にはアルティメット悟飯は好きですけれども、悟飯も超サイヤ人ゴッドかブルーになってパワーアップしてほしいところです。

 

後ろでフリーザが裏切らないか見ていたフロストもゴールデンフリーザが悟飯に猛攻撃をしかけて倒したところを見て安心したのか、指先に集中させていたエネルギーをけしています。

 

フロスト「いい筋肉ですね、先輩!!」

悟飯を倒したゴールデンフリーザにフロストは近づいてきてフリーザを褒め称えます。

 

フロスト「すばらしい!!あなたにそんな力があったとは」

 

フリーザ「特訓すればあなたもなれますよ」

 

フロスト「ホントですか?」

 

フリーザ「ゴールデンは無理でも」

 

フリーザはフロストに何か見せたいのかゴールデン状態から最終形態にもどり、筋肉を肥大化させて最終形態フルパワーに変身します。

 

最終形態フルパワーフリーザ「これくらいならできるはずですよ」

 

フロスト「はい、それなら!! んんん~~~~!!!! はっ!!!」

 

フロストもフリーザと一緒の筋肉の膨らんだフルパワー状態に変身しました。フリーザができるならフロストももちろんできるでしょうね。

 

2人で仲良く筋肉を見せあっています。

 

ウホッ!!

 

フリーザ「手を組んだと言ったな、あれは嘘だ」

フルパーパワー形態になったフリーザとフロストは仲良く話しています。

 

フリーザはフロストにフルパワー形態は体力の消耗が激しいので序盤から本領を発揮した方がいいと話しています。

 

フロストも楽しそうにフリーザの忠告を聞いています。

 

そしてここでフリーザからもう一つ忠告を聞かされます。

 

フリーザ「あとご存知だと思いますが、もう一つ教えて差し上げます。それは、誰も信用しないことです」

 

フリーザはこう言うとフロストにエネルギー弾を撃って場外まで吹き飛ばします。

 

吹き飛ばされたフロストは場外に落ちて脱落です。

 

どうやらフリーザは裏切ってはいなかったようです。悟飯に攻撃したときも手加減していたようで、それに気づいた悟飯もフリーザに付き合ってやられたふりをしていたみたいです。

 

悟飯「最初の攻撃を受けた時に感じたんです。これは本気じゃないって。だったら乗ってやろうと、フリーザの作戦に」

 

フリーザ「まっあなたがそんなことも分からないお馬鹿さんなら殺していましたけどね」

 

あの・・・フリーザ様・・・反則です・・・力の大会では相手を殺してはいけません・・・。

 

フリーザもフロストを見下していて、最初から組む気なんてなかったみたいですね。

 

でもフリーザよりもフロストのほうが弱いというのはシャンパも言っていたわけですよ。

 

フリーザもわざわざフロストと手を組んだふりをしてフロストの油断を誘う必要ななかったようにも思いますね・・・。

 

フロストがフリーザ以上の戦闘力であればフリーザひとりの手にはおえないので手を組んだふりをするのもわかりますが。

 

でも手を組んだと見せかけたほうが簡単にフロストを落とせるのは確かでしょうけれどもね・・・。

 

 

 

関連記事です