ドラエト

自分の趣味、好きなことについて書いていけたらと思います。

【最強説崩壊?】ナッパでも避けた気円斬を叩き割るジレンさんまじチートで強すぎる【ドラゴンボール超】

ドラゴンボール超123話で衝撃的な展開が起こりました、なんと第11宇宙プライドトルーパーズのジレンが悟空の放った気円斬を正面から叩き割ってしまったのです。

 

気円斬といえばドラゴンボールで出てきた必殺技の中でも最強説が唱えられるほどの技なのです。

 

そんな最強説もある気円斬をジレンはいとも簡単に叩き割ってしまいました。

 

ドラゴンボール 色紙ART5 [2.ジレン](単品)

 

 目次

 

クリリンの編み出した気円斬はサイヤ人のエリートナッパでも避けざるをえない

気円斬はクリリンの技です。原作での初登場はサイヤ人編でのナッパとの戦いの時になります。他にも原作ではフリーザやベジータ、悟空に18号などが使っています。

 

クリリンの放った気円斬はナッパに向かっていきます。しかしナッパは気円斬を避けずに真正面から受ける気になっています。

 

ナッパ「ふっ、くだらん技だ」

 

ナッパは気円斬を正面から受けようとしましたが気円斬の技の性質を見きったベジータから怒鳴られます。

 

ベジータ「ナッパよけろーーーー!!!!!!」

 

ベジータから怒鳴られたナッパは気円斬を避けていきます。しかしもしもこの時にベジータがナッパに怒鳴らなければナッパは気円斬に真っ二つにされていたでしょう。

 

他にもクリリンの気円斬はフリーザ第二形態に向かっても使われていますがフリーザですらも気円斬は避けるしかなかったのです。

 

そして最終的にフリーザは自分では放った気円斬で体を真っ二つにしてしまい自滅してしまいます。

 

気円斬の切れ味は凄まじいもので、今までは避けるしか対処法のない技でした。

 

ドラゴンボール123話 悟空の放った気円斬を叩き割るジレン

ドラゴンボール123話では超サイヤ人ブルー悟空がジレンに向かって気円斬を放ちます。

 

この悟空の放った気円斬はジレンに向かっていく途中で5枚に分裂していきジレンに襲いかかりますが、ジレンは向かってくる5枚の気円斬のうち4枚を叩き割ってしまいました。

 

そして残り1枚をつかむと悟空の立っていた岩山にむかって投げ返していきます。ジレンに投げ返された気円斬は悟空の立っていた岩山を簡単に切り裂いていきました。

 

第11宇宙プライドトルーパーズ最強のジレンは今まで避けるしか対処法のなかった気円斬を4枚を叩き割って1枚を素手で掴んで投げ返しています、あっさりジレンはやってのけましたがこれはとんでもないことですよ。

 

ブルー悟空の放った気円斬の切れ味は本物

ジレンに向かっていった気円斬は実は切れ味が大したことがないのかとも思いましたが、ジレンは気円斬を掴んで岩山に向かって投げ返しています。

 

この岩山は宇宙一硬いカッチン鋼よりも更に硬いカチカッチン鋼でできているのです。

 

そして気円斬はこのカチカッチン鋼でできた岩山を簡単にスパッと切り裂いていきました。やはり気円斬はとてつもない切れ味なのは間違いないようです。

 

素手で気円斬を叩き割ったジレンの拳はカチカッチン鋼よりも硬いようです。

 

 

 

 

関連記事です

www.dragonball-etc.com

www.dragonball-etc.com

www.dragonball-etc.com