ドラエト

自分の趣味、好きなことについて書いていけたらと思います。

ドラゴンボール超122話感想 ブルーベジータのファイナルフラッシュがジレンに炸裂!!

ドラゴンボール超122話『おのれの誇りをかけて!ベジータ最強への挑戦!!』の感想です。力の大会も終盤、残った宇宙は第7宇宙と第11宇宙の2つの宇宙だけとなりました。

 

悟空とベジータは超サイヤ人ブルーになってプライドトルーパーズの灰色のジレンと戦います。

 

限界突破×サバイバー(DVD付)

 

 目次

 

超サイヤ人ブルーに変身して気を高める悟空

 

悟空はジレンに近づいてしばらく見つめ合っていましたが、ジレンの目の前で超サイヤ人ブルーに変身、さらにぐんぐん気を高めていきます。

 

前回までの話で体力を使い果たしたと言っていたことがウソのような感じで悟空は超サイヤ人ブルーのパワーを上げていき、ジレンと一緒にその場から消えると、空中で激しい殴り合いに突入します。

 

・意外とジレンと戦えている悟空

超サイヤ人ブルー悟空とジレンは、ガツガツ殴り合っていますが悟空は超サイヤ人ブルーの状態でもジレンと互角に殴り合えるようですね。

 

でも1時間スペシャルのジレンは超サイヤ人ブルーの悟空を圧倒してたわけですよ。身勝手の極意になった悟空でもジレンにはかないませんでした。

 

これは悟空がジレンと戦ったあとの数分~十数分の間にパワーアップしたのか、ジレンが手加減てるのかどっちか何でしょうか。

 

悟空とジレンが戦っているところにベジータ乱入

悟空とジレンがしばらく戦たあと、いったん小休止をおいて再び戦いだそうとしましたが、突然悟空の横から猛スピードでジレンに向かっていくブルーベジータ。

 

ベジータ「ジレン!! お前の力を見せてみろー!!!!!」

 

ジレンに猛スピードで突っ込んでいくベジータ。これはいけません、まるで劇場版のベジータのようですよ。

 

お約束どおりにベジータはジレンに返り討ちにあってしまうのでしょうか。

 

ベジータ「でやあああああ!!!!!」

 

突っ込んでいったベジータはジレンにパンチの連打を叩き込みますがジレンは平気な顔ですべて避けずに体で受け止めます。ベジータの攻撃がジレンには効いていません。なんてこったい。

 

もうだめだあ、おしまいだあ・・・。

 

・ジレンに返り討ちに合うベジータ

ジレンに猛攻撃を仕掛けたベジータでしたが、ジレンに返り討ちに会い吹き飛ばされてしまいます。ジレンも吹き飛ばしたベジータにエネルギー弾を撃とうとしていましたが、悟空がやってきてジレンを蹴り飛ばしベジータを助けます。

 

悟空「今度はオラが相手だー」

 

ジレン「シュピシュピシュピ」

 

ジレンはやってきた悟空にパンチのラッシュを撃っていきます。悟空はジレンのパンチを受けきるのが精一杯でさばききれずに殴り飛ばされてしまいます。

 

悟空を殴り飛ばしたジレンは追撃して悟空に攻撃しようとしますが、なんとか悟空は防ぎます。ベジータもジレンに向かっていきますがジレンの裏拳で返り討ちにあってしまいました。

 

やっぱりジレンはつよい。超サイヤ人ブルーの悟空とベジータでも相手にならない強さです。ジレンは無表情で余裕しゃくしゃくで戦っています。

 

超サイヤ人ブルーベジータ覚醒

ことごとくジレンに返り討ちにあっていたベジータでしたが、ここにきてベジータはジレンの攻撃を見切り始めます。ベジータはジレンのパンチをすべて避けれるようになりました。

 

ベジータ「貴様の技は見切った」

 

まじかベジータ。これは劇場版とは違うっぽいですよ。ベジータはジレンに突っ込んでいって返り討ちに合うどころかジレンの攻撃を見切ってすべて避けられるようになりました。

 

そしてジレンのパンチの嵐をかいくぐってベジータはジレンの懐に潜り込むと、ジレンのお腹にパンチを当てました。

 

やったぜベジータ、劇場版とは違う、かっこいいぞ!!

 

・ベジータの猛攻撃に押されるジレン

ジレンの攻撃を見きったベジータの反撃が始まって、ベジータはジレンに猛攻撃を仕掛けます。さっきまで無表情だったジレンもベジータの攻撃を受けて表情が変わっています。

 

ベジータがジレンを押し始めました。なんかよくわからんけど強いぞベジータ。バク転しながらギャリック砲を撃ったりでスタイリッシュだぞ、ベジータ!!

 

このベジータのパワーアップはウイスいわく「身勝手の極意」に近いものがあるそうです。

 

・ジレンに逆転されるベジータ

ジレンの攻撃を見切って優勢になったかと思われたベジータでしたが、ジレンもさすがの強さで、あっさりとベジータに逆転して気功波でベジータをぶっ飛ばします。

 

ジレンの気功波でベジータは場外まで押されてしまい場外かと思いましたが、ベジータはジレンの攻撃をなんとかしのいで場外を免れましたが、ベジータは力尽きたのかノーマル状態に戻ってしまいました。

 

ベジータ頑張ったけどジレンがねー、強すぎですわこれ。

 

ブルーベジータのファイナルフラッシュ

 

ベジータと戦ったジレンは息一つ切らしていません、ジレンはベジータに向かって言います。

 

ジレン「お前の拳は傲慢だ、その独りよがりの戦い方からは純粋さを微塵も感じない」

 

傲慢なベジータの攻撃ではジレンには勝てないというようなセリフですね。ベジータが独りよがりで傲慢なのかはブルマがよく知っているはずです。

 

ジレンに答えるベジータ

 

ベジータ「確かにおれは傲慢だ」

 

やっぱりそうなのか・・・。

 

ブルマ・・・。

 

ベジータは独りよがりで傲慢なのかあ・・・。

 

・独りよがりで傲慢なのはサイヤ人の誇り

ベジータはジレンに言われた傲慢なところこそが自分の、サイヤ人の誇りなのだといって超サイヤ人ブルーに変身。

 

気を高めていきファイナルフラッシュを撃とうとします。

 

ベジータ「オレはオレ自身を捨てることなどできん!!身勝手の極意などカカロットがやればいい、オレはオレのやり方でジレン、貴様に勝つ!!」

 

サイヤの誇りを持った地球人とか言ってたベジータとはぜんぜん違う、サイヤの誇りをもったベジータだ。いいぞベジータ。

 

更にファイナルフラッシュのパワーを上げ続けていくベジータはジレンに言います。

 

ベジータ「ジレン!!まさかこれを避けるつもりじゃないだろうな?」

 

ジレン「来い・・・」

 

おお、ジレンにファイナルフラッシュを避けさせないように挑発しているぞ。なんかやなことが蘇ってきたぞ・・・。

 

ベジータ「ファイナルフラーッシュ!!!」

 

ベジータがファイナルフラッシュを撃ちました。ジレンは避けずにファイナルフラッシュを受け止めます。どうなってしまうんでしょうか????

 

ファイナルフラッシュが直撃したジレンはその場に倒れています。そしてベジータは勝利を確信したのか笑っています。

 

ベジータ「ハーーハッハッハ!!! ハーーハッハッハッハッハッ!!!」

 

あれ、なんかやな予感が・・・。

 

ジレン「なんちゃって」

ファイナルフラッシュが直撃して倒れているジレンをみて大笑いしているベジータでした。

 

ベジータ「フン、ざまあみろ。宇宙一はサイヤ人であるこの・・・おrhあh!?」

 

勝ち誇っていたベジータでしたが少し目を離したすきにジレンは姿を消していました、そして突然ベジータの目の前に現れるとベジータのお腹にむかってエネルギー弾を撃って行きます。

 

ベジータ「うおああああああああああ!!!」

 

ジレンの攻撃を受けたベジータはその場に倒れてしまいました。

 

ジレンの攻撃を見切ってジレンを逆転したかと思われたベジータでしたが、ジレンはそれ以上に強く、ベジータは返り討ちにあいってしまいました。

 

やっぱりジレンは強すぎるようです、ベジータと悟空との戦いでも息一つ切らしていません。これ勝てるんでしょうか・・・。

 

 

 

関連記事です