ドラゴンボールエトセトラー

自分の趣味、好きなことについて書いていけたらと思います。

【ドラゴンボール S細胞】ベジータが超サイヤ人になれた理由はブルマと出会い性格が穏やかになりS細胞が増えたから?

最強ジャンプの付録にS細胞というのが出てきました。このS細胞はサイヤ人が超サイヤ人になるために必要な物のようです。このS細胞が体内で一定の量に達したサイヤ人は激しい怒りがきっかけとなり体内のS細胞が爆発的に増えて超サイヤ人に変身するようです。

 

しかしこのS細胞を増やすには高い戦闘力を持っているだけでは駄目だそうで、穏やかな性格(精神)を持っていないと駄目なようです。そしてこの穏やかな性格(精神)こそがS細胞を最も増やすための条件のようです。

 

DRAGON BALL Z #28 [DVD]

 

 目次

 

サイヤ人の王子ベジータは小さいときから戦闘力が高いのでナッパの部隊に配属されすぐにリーダーになる

サイヤ人は生まれた時に戦闘力を測定されて、基準値以下の戦闘力のサイヤ人は飛ばし子として他の星に送られるか技術者になるそうです。悟空の兄のラディッツは生まれたときから戦闘力が基準値に達していた上級戦士だった為にナッパの部隊に配属されて小さいときから戦っていたそうです。

 

その後ベジータがナッパとラディッツのいる部隊に入り、ベジータは戦闘力が高いので、すぐにナッパの部隊のリーダーになったようです。

 

ただラディッツが上級戦士かいっ!!ていう突っ込みがしたいような気もしますが・・・。それにバーダックも上級戦士に設定が変わる可能性も出てきてますよね・・・。

 

性格が穏やかなサイヤ人ではないとS細胞は増えにくい

S細胞が最も増える条件は性格(精神)が穏やかなことだそうです。サイヤ人は性格が荒っぽいので長い間超サイヤ人が出てこなかった原因でもあるそうです。

 

ベジータも性格が荒っぽいので地球に来なかったら超サイヤ人になれなかったかもしれません(原作ではベジータは自分の事を穏やかだと言っていますが・・・)。

 

・地球に来たベジータはブルマとの出会いによって性格が穏やかになりS細胞が増えたのではないか

一応原作でベジータは、自分の事を穏やかだと言っていたということを前提に書いていきます。

 

ベジータはナメック星でのフリーザとの戦いで、とても高い戦闘力を身に着けています。しかし高い戦闘力を身に着けたベジータは最終形態のフリーザに手も足も出ずに殺されてしまいます。

 

このときにはベジータは涙を流して恐怖に震えてしまいますが、原作での台詞で自分への怒りで超サイヤ人に目覚めたと言っています。この時フリーザに全く敵わなかったときにも自分への怒りはわかなかったのでしょうか。

 

怒りよりも恐怖心が勝っていたこともあるかもしれませんが、この時のベジータは性格が荒くて体内のS細胞の量が足らなかったのかもしれません。そのためにナメック星でのフリーザとの戦いでは超サイヤ人に変身することができなかったのかもしれません。

 

ナメック星編後、地球に来たベジータはブルマと出会い性格が穏やかになりS細胞が増えたので自分への怒りにより超サイヤ人になれたのではないか

ナメック星編でも超サイヤ人になれるだけの戦闘力をベジータは身につけていたと思います。しかしベジータは超サイヤ人になることはできませんでした。

 

その後ベジータは地球にきてカプセルコーポレーションに住むようになり、メカフリーザとコルド大王が地球に来た時はカプセルコーポレーションでヤムチャやブルマたちとBAD MANシャツを着てバーベキューをしていました。

 

地球に来てカプセルコーポレーションに住んでいる内にベジータは、ヤムチャやブルマたちと一緒にBAD MANシャツを着ながらバーベキューを楽しむまでになっているのです。

 

それに地球にメカフリーザとコルド大王が来る時に気を消していたピッコロを「さすがだ」といって褒めていたりもしています。

 

そしてその後ブルマとの間に子供(トランクス)を授かりベジータの性格はどんどん穏やかになり、体内のS細胞も増えていき、いくらトレーニングをしても超サイヤ人になることはできずに自分の限界を感じて自分への怒りによってS細胞が爆発的に増えて超サイヤ人に変身したのかもしれません。

 

 

 

関連記事です