ドラエト

自分の趣味、好きなことについて書いていけたらと思います。

スポンサーリンク

【ドラゴンボール S細胞】地球に来て性格が穏やかになった悟空はS細胞が増えて超サイヤ人になったらしい

最強ジャンプの付録にてドラゴンボールのあとづけ新設定「S細胞(エスさいぼう)」が出てきました。このS細胞はサイヤ人が超サイヤ人に変身するために必要なもののようです。

 

このS細胞が体内に一定の量ないと、たとえ高い戦闘力を持っていても超サイヤ人に変身することはできないようです。

 

悟空はサイヤ人の最下級戦士で地球に飛ばし子として送り込まれて頭を強く打ち性格が穏やかになったのでS細胞が増えていったのでしょうか。そしてS細胞の増えた悟空は激しい戦いや修行によって戦闘力を高めていきナメック星でのフリーザとの戦いでクリリンを殺された怒りがトリガーとなって超サイヤ人に変身したようです。

 

ドラゴンボール―完全版 (22) (ジャンプ・コミックス)

 

 目次

 

地球に飛ばし子として送られた悟空は頭を強く打って性格が穏やかになる

サイヤ人は生まれた時に戦闘力を測られて基準より低ければ下級戦士としてみなされて他の星に飛ばし子として送り込まれるそうです。悟空も戦闘力が基準値以下だったので飛ばし子として地球に送り込まれました。

 

地球に飛ばし子として送り込まれた悟空は、孫悟飯じいちゃんに見つけられて育てられます。しかし悟空の性格が荒く懐こうともしないので孫悟飯じいちゃんは困り果てていたところ、悟空は誤って谷底に落ちてしまい頭を強く打って死にかけてしまいます。

 

しかしそれ以降悟空の凶暴さは消えておとなしくなったそうです。

 

谷底で頭を打って性格が穏やかになった悟空はS細胞が増えだしたのではないか

殆どのサイヤ人はS細胞をある程度は持っているそうですが、その量は多くはないようです。しかし戦闘力を高めていくことでS細胞も増えていくようです。

 

・S細胞が最も増える条件は穏やかな性格(精神)

S細胞が最もふえる条件は穏やかな性格(精神)を持っていることだそうです。高い戦闘力を持っているだけでは超サイヤ人にはなれないそうです。

 

高い戦闘力とある程度までS細胞を持っているサイヤ人が怒りによって体内のS細胞が爆発的に増えることで超サイヤ人になれるようです。

 

穏やかな性格になった悟空はS細胞が増えて、激しい戦いや修業によって戦闘力を高め超サイヤ人に変身した

地球に来て頭を打ち、穏やかな性格になった悟空は亀仙人のもとで修行をしたり、ピッコロ大魔王やピッコロ(マジュニア)、サイヤ人のベジータ、ナッパ、ラディッツ達との戦いで戦闘力を高めていきS細胞を増やし、100倍の重力で修行をしたりして、ナメック星でのフリーザとの戦いでクリリンを殺されたことの激しい怒りがトリガーとなり体内にあったS細胞が爆発的に増えて超サイヤ人に変身したのでしょう。

 

ということでS細胞によって悟空が超サイヤ人になれた理由がわかりました。

 

悟空は天才型なのか努力型なのか

悟空は天才なのか努力家なのかという事がよく言われます。今回のS細胞によってどっちに傾いたんでしょうかね。S細胞は下級戦士でも上級戦士でもほとんどのサイヤ人が持っているそうです。

 

S細胞の最も増える条件は穏やかな性格と言うことで、殆どのサイヤ人は性格が荒いのでS細胞が増えにくいみたいです。

 

更に穏やかな性格で増えたS細胞だけでは超サイヤ人になるためのS細胞の量に達する事も難しいので高い戦闘力をつけて更にS細胞を増やす必要があるということです。

 

ということは少なくとも性格が穏やかなだけでは超サイヤ人になるための量にはならない為に高い戦闘力をつけないといけないので、努力をして高い戦闘力を身に着けないといけないということになります。

 

下級戦士のカカロット(悟空)がそこまでの高い戦闘力をつけるのは大変難しいことなので努力型といえるかもしれません。しかし地球人であるクリリンやヤムチャや天津飯はサイヤ人ではないのでS細胞もなくどうやっても太刀打ちできないので生まれ持ってのサイヤ人という才能もあるでしょう。

 

まあクリリン達も界王拳とかを使えばいいような気もしますが、界王拳の負荷に体が耐えられないかも知れません。

 

ということで悟空が天才型なのか努力型なのかは、その人の感じ方次第だと思います。

 

よくわからんけど。

 

 

 

 

関連記事です