ドラエト

自分の趣味、好きなことについて書いていけたらと思います。

スポンサーリンク

アルティメット悟飯のかめはめ波が第3宇宙コイチアレータに炸裂!!【ドラゴンボール超 120話 感想 】

ドラゴンボール超120話『完璧なる生存戦略!第3宇宙脅威の刺客!!』の感想です。ついに力の大会も終盤、前回ドラゴンボール超119話では第4宇宙が消滅して残された宇宙は第3宇宙、第7宇宙、第11宇宙だけとなりました。

 

第3宇宙のパンチア、ボラレータ、コイツカイの3体はコイチアレータに合体して悟飯とベジータ、悟空と戦います。

 

DBT-03 孫悟飯 ドラゴンボール改 DRAGONBALL 転写ステッカー

 

 目次

 

大神官「もうちっとだけ続くんです」

残された宇宙は第3宇宙と第7宇宙と第11宇宙の3つだけとなってしまいました。全王様も神padをいじりながら、そのことに対してコメントをしています。

 

全王様1「沢山いなくなっちゃったねー」

 

全王様2「もうすぐ終わっちゃうね」

 

全王様1「終わっちゃうね」

 

こう言っていた全王様に対して大神官が言います。

 

大神官「ずいぶん減りましたが、ここからが力の大会の醍醐味です」

 

もうちっとだけ続くんじゃってやつですかね、ここからが長いんだよなあ。この台詞が原作で出てきた後に一体何話続いたと思ってるんですか。

 

でもなんか色々うわさはありますね。新作映画もやるみたいだし、ドラゴンボール超も力の大会以降も放送を続けるんでしょうかねえ。

 

・第7宇宙VS第3宇宙

第7宇宙で残されたのは悟空、悟飯、ベジータ、17号、18号、そしてフリーザの6人になりました。そういえばフリーザいたのか最近出てなかったからすっかり忘れてました。

 

そして悟空とベジータと悟飯は第3宇宙のコイツカイ、パンチア、ボラレータと戦い、18号と17号はビアラと戦うことになります。

 

第3宇宙ビアラVS第7宇宙人造人間17号&18号

17号と18号は第3宇宙のビアラと戦うことになります。17号と18号はビアラに向かって気功波を撃っていき、ビアラは気功波を受け止めます。17号と18号の攻撃を受け止めたビアラでしたが17号と18号に気功波のパワーを上げられてしまい、耐えられなくなり吹き飛ばされてしまいます。

 

17号と18号の攻撃によりカチカッチン鋼の岩山に叩きつけられたビアラはどうやらノーダメージのようですぐに起き上がって来てしまいました。

 

17号「なるほど、頑丈なやつだな」

 

18号「もっと本気で攻めないとねえ

 

そうです、このあとビアラは18号様に徹底的にお仕置きされてしまうのです。これは完全にご褒美です。

 

・鉄壁のビアラ

17号と18号はビアラと戦いだして激しい殴り合いをくりひろげていますが、第3宇宙の界王神エア曰く、ビアラの防御力は第3宇宙でも1,2を争うほどだそうで17号達の攻撃も効いていないようです。

 

ビアラは鉄壁の防御力で攻撃を耐えて、敵が体力を消耗した所で逆転していく戦法が得意のようですね。17号と18号もビアラに攻撃が効かずにどんどんスタミナを削られてしまうのでしょうか。これは厄介な相手だなあ(棒)。

 

・強いぞ僕らの人造人間!!

17号と18号はビアラに対してどんどん攻撃を激しくしていきます。17号のエネルギー弾をビアラは弾き返しますが、弾かれたエネルギー弾を更に18号が弾いてビアラに当てます。そして更に17号と18号はビアラに向かってエネルギー弾を打ちまくっていきます。

 

17号と18号のエネルギー弾を受け続けるビアラ。

 

ビアラ「くっこんな攻撃は効かん」

 

17号「そうか、それは大したもんだな」

 

18号「じゃあ、もっとイッても大丈夫ってことだねえ?」

 

2人のエネルギー弾の攻撃を受け続けるビアラは最初は強がっていましたが、だんだんと余裕がなくなっていき声が出てしまいます。

 

ビアラ「ぐううっ・・・」

 

17号「どうした?余裕じゃなかったのか?」

 

18号「ほらほら、もっとイクよぉ」

 

そして18号と17号の攻撃に耐えられなくなったビアラは鉄壁の装甲が破壊されて大爆発、倒れてしまいます。

 

18号「あれ~?もしかして効いちゃったのか~い?」

 

2人の猛攻撃に耐えきれなくなり機能が停止してしまったビアラは18号に場外まで蹴られて失格です。

 

てかねえ、18号さんというか伊藤美紀さんがもうねえ、確信犯的な演技をしてらっしゃるんですよ。えっろい!!

 

ほんと最高だわぁ・・・

 

もうなにこれ、攻め続けて体力の尽きた相手を蹴り飛ばすとか最高じゃないですか。これはもうすでにプレイですよ。

 

ほんとクリリンしねよ・・・

 

悟飯&悟空&ベジータVSパンチア&コイツカイ&ボラレータ

悟空達は第3宇宙のパンチア達と戦い始めました。まずはコイツカイがビーム攻撃を撃っていきます。そしてパンチアが悟空に突撃、悟空はパンチアの突撃で岩山に叩きつけられてしまいます。

 

ボラレータはその場に残った悟飯とベジータにむかって腕を伸ばして攻撃していきます。ベジータはボラレータのパンチを避けて反撃していきますがボラレータはベジータのパンチを避けます。

 

ビルス「くっまずいぞ、こっちの動きが読まれてきているのか」

 

第3宇宙のボラレータ達はロボットなので悟空たちの動きを分析して戦っているようですね、ベジータも悟空も苦戦しています。

 

ノーマル状態で。

 

悟空もパンチアの突撃攻撃に押され気味です。悟空は体力が残っていないはずなのできつそうですね。そして悟飯はコイツカイが悟空たちの動きを分析しているのを感じたのかコイツカイに向かってかめはめ波を撃っていくのですがコイツカイは全く効いていない様で悟空たちの動きの分析を続けます。

 

コイツカイ固ったいなあ、カチカッチン鋼より固いんじゃないんですか、これ。

 

・1人で戦おうとする悟飯

分析を続けているコイツカイはボラレータとパンチアに悟空とベジータに連携攻撃を仕掛けるように命令します。悟空とベジータに連携攻撃を仕掛けていった二体でしたが悟飯が攻撃を受け止めて助けに入り、悟空とベジータに体力を温存してもらうために、ここからは悟飯1人で戦うようです。

 

アルティメットに変身した悟飯はエネルギー弾を撃って二体を吹き飛ばしていきます。

 

・観客席で楽しそうな天津飯とクリリンと亀仙人とピッコロ

1人で戦い始めた悟飯を見た観客席の天津飯達はすっかり観戦モードで楽しそうです。

 

天津飯「悟飯は1人で戦う気なのか?」

 

ピッコロ「やつらを倒せばジレン達との決戦になる、それまでは悟空とベジータの体力を温存させておくつもりだろう」

 

天津飯「なるほど」

 

亀仙人「そこまで計算しておるとは流石は悟飯じゃ」

 

クリリン「よーし、いけー!! 悟飯ー!!」

 

ほんとに楽しそうに観戦していますねえ。

 

・アルティメット悟飯VSパンチア、ボラレータ、コイツカイ

悟飯はパンチアに殴りかかっていきますがパンチアは悟飯のパンチを弾いていくとミサイル(?)を撃って反撃、悟飯はミサイルをすべて避けますがコイツカイが待ち受けていてレーザーを撃っていきます。

 

レーザーを撃たれた悟飯ですが避けていきコイツカイに蹴りをいれますが弾き返されてしまいます。あんたつええな・・・。ボラレータは悟飯の背後に移動して腕を伸ばして攻撃していきますが悟飯は腕を掴んで投げていきます。

 

プランX!!第3宇宙合体ロボ!!コイチアレータ!!

悟飯に押されてきた第3宇宙ですがここでプランXが発動!!コイツカイとボラレータとパンチアが合体します。

 

パパロニ「ここからが本番だぞ!!第7宇宙よ!!」

 

突如として現れた第3宇宙のパパロニ、声がギニューじゃないか!!

 

ギニューじゃないか!!!!(大事なことなので・・・)

 

パパロニ「プランX!! プログラミングフェーズ開始!!」

 

コイツカイ「プランX 司令を受信、コイツカイ」

 

パンチア「パンチア」

 

ボラレータ「ボラレータ」

 

・コイチアレータ合体完了!!

パパロニ「機能全開!!1256%!!これが第3宇宙の改造戦士!!コイチアレータ!!!」

 

うわっ合体した・・・

 

3体が合体してコイチアレータになってしまいました。合体シーンもやたら気合入ってたぞ・・・

 

・コイチアレータには気があるらしい

コイチアレータを見ていた悟空は「あいつら一気に気が増えやがったぞ」と言っています。ああ、ロボットっぽいけど気はあるんだ・・・。ふ、ふーん・・・。

 

これ昔、リルド将軍とかにも気があったことにちょっと引っかかってたんですけれども、どうなんでしょうかねえ、うーん。

 

まあ、リルドはマシンミュータントだから別にいいんでしょうけれど。

 

 

・高みの見物のフリーザ様

コイチアレータを見ていたフリーザは戦わずに高みの見物を決め込むそうです。てか、フリーザ様は力の大会では自分よりも格下の相手をボコってるだけのようですよ。さすが悪の帝王ですよ。

 

コイチアレータVS悟飯&悟空&ベジータ

悟飯はコイチアレータに攻撃しますが全然効いていないようです。更にコイチアレータはスピードもあるようで悟飯を追い詰めていきますが、悟空とベジータが助けに入ります。

 

ここからは悟空とベジータと悟飯の3人で戦うようです。

 

ベジータ「むこうは3体が合体してやがるんだ。こっちも3人であんな鉄くず野郎さっさと片付けるぞ」

 

昔のベジータだったら、たぶんこの台詞は出てこないでしょうね。成長(?)しましたねえベジータ。

 

そしてベジータと悟空はブルーに変身、三大超サイヤ人の戦いが始まりました。1人は超サイヤ人じゃないけど・・・。

 

ベジータはギャリック砲で悟空はかめはめ波でコイチアレータの極太レーザーと撃ち合っていきます。しかしギャリック砲とかめはめ波はコイチアレータのレーザーに撃ち負けてしまいました。

 

・悟空とベジータが打ち合っていた間にかめはめ波のパワーを溜めていた悟飯

ベジータと悟空がコイチアレータとの撃ち合いに負けてしまいピンチかと思われましたが、悟飯は悟空達が撃ち合いをしている間にかめはめ波のパワーを溜めていたようで全力でかめはめ波をコイチアレータに向かって撃っていき、かめはめ波を撃たれたコイチアレータは耐えきれずに場外までかめはめ波でふっとばされて脱落です。

 

これは118話で悟飯が時間を稼いでる間にピッコロに魔貫光殺砲のパワーを溜めさせてサオネルとピリナを倒したときと逆の事をやっているみたいです。こんどは悟飯がかめはめ波のパワーを溜めてコイチアレータを倒しました。

 

ドラゴンボール超の脚本家について

最近エンドクレジットで気になっていたんですが、もしかして脚本家陣変わるんですかね? 96話で新しい脚本家さんの山口宏さんが出てきて、今回120話は山下憲一さんという方がやられています。

 

118話が久尾歩さんで119話が山口宏さん、そして120話では山下憲一さんと新しい脚本家さんが3話連続で担当しています。

 

これはどうなんでしょうか、ネタバレ情報見れば大体わかるんだろうけれども、ちょっと見ないようにしてるんで今後どうなるのか分からないですけどね。

 

 

 

 

関連記事です

www.dragonball-etc.com

www.dragonball-etc.com

www.dragonball-etc.com

www.dragonball-etc.com

www.dragonball-etc.com

www.dragonball-etc.com