ドラエト

自分の趣味、好きなことについて書いていけたらと思います。

スポンサーリンク

半身浴は痩せないし効果ないが「むくみ」を取ることができます【ダイエット】

f:id:hikikomogomorin:20170522180928j:plain

 

お手軽簡単なダイエットとして、テレビでもよく特集される半身浴ですが、よく特集される割に効果はしっかりとあるんでしょうか。

 

そんな疑問を持ったあなたに、半身浴しすぎでのぼせてブラック・アウトして倒れたことのある私が半身浴の効果や消費カロリーなどについて書いていこうかと思います。

 

目次

 

半身浴でむくみを撃退

f:id:hikikomogomorin:20170522184314j:plain

 

半身浴は、胸の下程度のところまで浴槽に温めのお湯を張り、ゆっくりのんびり15分程度浸かり汗をかくことにより新陳代謝を上げ痩せやすい体を作り肌もきれいになると言われている入浴法です。

 

まず半身浴で出来ることは体のむくみ取りです。

 

例えば塩分の濃いものを食べすぎたり、お酒の飲み過ぎ、長時間同じ姿勢でいることなどによって体が浮腫やすくなります。

 

実は一番カンタンで効果の実感がしやすいのが、このむくみ取りです。

 

むくみの取り方

f:id:hikikomogomorin:20170522184129j:plain

 

むくみの原因は塩分の取りすぎなどが原因です。また日本人の塩分摂取量は世界でもかなり多い方と言われています。

 

日本人の塩分摂取量は1日あたり、だいたい10グラムと言われていますが、もう少し取ってる感じもします。

 

 たとえばカップラーメン一個で約5グラム。多いものだと8グラム程度はあります。

 ちなみに味噌汁一杯の塩分量は約2グラム程度です。

 

塩分摂取量が多いと体がむくんでしまいます。

 

むくみを取るには普段から減塩して汗をかいて体の余計な塩分を外に出す必要があります。

 

本当は汗をかくのはウォーキングやジョギングなどの運動で汗をかくのが一番なのですが、運動するのも大変なので半身浴でサッと汗をかいてむくみを取ろうと言うことです。

 

半身浴のやり方と注意点

まずは浴槽にぬるめ(37℃~40℃程度)のお湯を半分程度入れ、湯船に浸かります、冬で寒い場合は風邪を引かないように定期的に体にお湯をかけながら入ったほうがいいです。

 

風邪ひきます、マジで。

 

f:id:hikikomogomorin:20170522184937j:plain

 

後は汗が出にくかったらお湯の温度を上げるなりしてちょうど気持ちいいぐらいの温度で入るといいです。

 

温めではないといけないということはないので汗が出にくいようであれば温度を上げてみましょう。ただ、湯船の温度を上げすぎてフラフラしてきてしまったら水を入れて少し温度を下げたほうがいいです。

 

入るときは本を読んだりスマホをいじったり暇つぶしができるようなことをすると時間が経つのが早いです。

 

ここでとても大事なことです。半身浴をしている最中は、こまめに水分補給をしてください。また、あまり長時間入るのはおすすめしません。

 

水分補給をしないとのぼせて湯船から出たときに立ちくらみがして最悪ぶっ倒れます。(経験者)これは非常に大事なことなのでしっかりと水分をこまめに補給することを心がけてください。

 

飲み物はなんでもいいです、水でもコーヒーでもジュースでも、汗をかいて塩分を取ることが目的なんでカロリーは気にしなくていいです。

 

入浴剤を入れるのもいいと思います。

 

 

半身浴の後が一番大事です

半身浴の後が一番大事です。要は半身浴というのは汗をかいて余分な塩分を体から排出してるだけです。消費カロリーなんて雀の涙ほどです。

 

痩せません

 

は?って思ったかもしれませんが痩せません、無理です、運動しましょう。

 

f:id:hikikomogomorin:20170522190623j:plain

 

超カンタンで即効性のあるダイエット法は減塩

はい、結局組み合わせと継続なんです。前にも書きましたが一番カンタンですぐに効果が出て、見た目が変わる、体重ではなく見た目が変わってスッキリするのが減塩生活を送り習慣化することです。

 

むくみを取る効果ってスゴイです簡単に見た目変わります。

 

減塩はなれてしまえば簡単にできます。麺類食べたらスープを飲まない、味噌汁をお茶にする、コロッケ等にはなにもかけずに食べるなど。

 

後はカリウムを摂るのもおすすめです、カリウムとは体からナトリウム(塩分)を排出してくれる栄養素です。

 

カリウムが豊富に含まれている食品

カリウムが多く含まれている食品は、納豆、バナナ、ナッツ類、きゅうり、キャベツ、アボカドジャガイモ、肉類、魚類などです。

 

肉、魚、野菜をバランス良く食べて味を濃くしすぎない食生活に変えるだけでいいんです。薄味の食生活は最初は味気なく感じますがすぐになれます。慣れてしまうと、市販のお弁当なども味が濃く感じてしまう様になります。

 

f:id:hikikomogomorin:20170522192535j:plain

 

塩分を控える生活をおくることでむくむことを防ぎ、高血圧も予防できます

半身浴は基本的に汗をかいて塩分を体から排出するためにするものだと思います。半身浴で汗をかいてむくみが取れても塩分を取りすぎる食生活だとすぐに戻ります。

 

塩分控えめな食生活は最初は物足りないですが3日もすれば慣れます。

 

一番カンタンですぐに効果が出て見た目に反映されるのは体のむくみ取りです(体重はほとんど変わらない)。

 

減塩して体のむくみにくい生活をおくると、高血圧も予防できます。寝起きに顔がパンパンに浮腫んでいることも少なくなっていきます。いい事だらけだと思います。

 

ただし何事もやり過ぎは良くないので塩分全く取らないとかはやめてください、夏場にそれをやると倒れてしまいます。

 

最後に、本当に一番いいのは運動をして汗を流すことです。半身浴は運動ではないので消費カロリーはほとんどないです。

 

運動をすればカロリーも消費でき、筋肉がついて燃費の良い体になることもできます。おすすめの簡単にできる運動として腹筋ローラーなどもありますので試してみてはいかがでしょうか。

 

やり方はヒザをついて体を前に倒して元の位置に戻すということを繰り返すだけです。回数は最初は無理をせずに1回でも2回でも大丈夫です。

 

なれてきたら回数を増やしたり、腕立て伏せを取り入れるなどしていくとカロリーを消費する運動ができます。