ドラゴンボールエトセトラー

自分の趣味、好きなことについて書いていけたらと思います。

ドラゴンボール超123話感想 倒れたベジータに代わり頭脳戦でジレンと戦うブルー悟空

ドラゴンボール超123話『全身全霊全力開放!悟空とベジータ!!』の感想です。力の大会も終盤、残った第7宇宙と第11宇宙の戦いが始まりました。

 

悟空はジレンと戦いますが、圧倒的なジレンの強さの前に歯が立ちません。そこで悟空はある作戦を使ってジレンを場外に落とそうと考えます。

 

そしてベジータは優勝して商品である超ドラゴンボールを手に入れて、消滅した第6宇宙のサイヤ人キャベを復活させるためにパワーアップしてジレンと戦います。

 

限界突破×サバイバー(DVD付)

 

 目次

 

番組開始早々虫の息のベジータ

 

ベジータ「あ・・ぐう・・ぐぐぐ・・・」

 

ベジータは前回ドラゴンボール122話でジレンにやられてしまい、うつ伏せになって苦しそうにしています。

 

ベジータオワタ\(^o^)/

 

ジレンはとにかくチート的な強さですね、ベジータも起き上がろうとしていますがダメージを受けすぎているのか立ち上がることができません。

 

ジレンはそんなベジータを虫でも見るかのように見下しています。悟空はそんな苦しそうにしているベジータに駆け寄ると「交代だ」と言って超サイヤ人ブルーに変身、ジレンと戦い始めます。

 

悟空対ジレン

動けないベジータに変わって悟空はジレンと戦います。力の大会が始まって多分40分程度の間に悟空とジレンは3回位戦ったり休んだりしているので「いい加減決着つけろや」ってなってなんかいません、何回戦ってもかまいませんよ最高ですよ。

 

悟空はジレンにジリジリと近寄って間合いをはかっています。

 

・やっぱり無能な界王神

ジリジリとジレンに近づいて間合いをはかっている悟空を見た観客席にいる界王神はクリリンに訪ねます。

 

界王神「悟空さんは一体何をしているんでしょうか?」

 

おまえほんまに・・・心読めたやろ・・・

 

これは無能の極みですわあ・・・

 

・しっかり悟空の狙いがわかっているクリリンたち

 

界王神とは違ってクリリンたちはしっかりと悟空の狙いがわかっているようです。界王神に問われたクリリンたちは答えます。

 

クリリン「ジレンの間合いをはかっているんです」

 

天津飯「元気玉もファイナルフラッシュも効かん相手だ、遠距離の攻撃は無意味、至近距離で仕掛けるしかない」

 

ピッコロ「かといってむやみに近づいていい相手ではない、あらゆる手を使いわずかなすきを作り出し、そこを攻める狙いだろう」

 

18号「問題はどうやってすきを作るかだ」

 

ほれー、みんな悟空の狙いわかっとるやんけー、18号はともかく天さんとピッコロさんなんかタメ口やん。

 

気弾をジレンの周りに設置する悟空

ジレンと間合いをはかっていた悟空はジレンの周りを瞬間移動しながら地面に気弾を設置していきます。ジレンも悟空に気弾を撃っていきますが悟空は瞬間移動で避けます。

 

この悟空の設置した気弾は地雷のようになっていて悟空に近づこうとしたジレンは悟空の設置した地雷を踏んでしまい爆発させてしまいますが、ジレンは爆発の瞬間にジャンプして回避していました。

 

・悟空の気円斬を叩き割ってつかむジレン

空高くジャンプしたジレンに対して悟空は気円斬を投げていきます。悟空の投げた気円斬はジレンに向かって行くあいだに5枚に分裂しています。

 

5枚の気円斬がジレンに襲いかかりましたが、ジレンは5枚のうち4枚を叩き割ると、残り一枚を掴んで悟空の立っている岩山に向かって投げつけていきます。

 

悟空の立っていた岩山はジレンの投げ返した気円斬で切られてしまい崩れ落ちていき、上に立っていた悟空も体制をくずしてしまいます。

 

そしてジレンは体制をくずした悟空にパンチを入れて吹き飛ばしてしまいます。

 

えー、これで気円斬最強説はジレンによって否定されてしまいました。それに力の大会は相手を殺してはいけないルールがあります。

 

悟空さんはジレンに向かって気円斬を投げていましたが、これ完全に殺す気で投げていますね。対してジレンはつかんだ気円斬を悟空に向かって投げずに岩山に向かって投げています、ジレンはちゃんとルールを把握しているようです。

 

というかジレンは気円斬を悟空に向かって投げ返さなかったということは気円斬が直撃したらブルー悟空でも死んでしまうと考えたから岩山に向かって投げたということでしょうか。

 

・ちゃんと考えていた悟空

気円斬で切られた岩山は武舞台のはしの方に向かって倒れてしまいました、悟空は倒れた岩山のはじの方まで移動するとジレンも悟空を追いかけてはじまできて悟空に殴りかかっていきますが、突如として一枚の気円斬が飛んできて岩山を切り裂いていきます。

 

倒れた岩山のはしに立っていたジレンは足場をなくして場外まで落ちていきます。

 

悟空は気円斬をジレンに投げつけたときに5枚に分裂させていましたが実は6枚に分裂させていて6枚のうち5枚をジレンに向かわせて、残った1枚を岩山を切ってジレンを場外に落とすためにかくしていたようです。

 

ジレンに向かって気円斬を投げたのも、ジレンが気円斬を掴んで投げ返してて来るのも、ジレンの投げ返した気円斬は悟空ではなく岩山に向かってくるのも全ては悟空の作戦通りだったようです。

 

トドメにジレンに蹴りを入れて場外に叩き落とす悟空、ジレンは場外に落ちていきます。

 

これでジレンは場外に落ちて失格です。やったぜ悟空!!

 

・帰ってきたジレン

悟空の作戦によって場外に落ちたと思われたジレンですが、場外に一緒に落ちていくガレキに飛び移りながら武舞台まで戻ってきてしまいジレンは場外を回避します。

 

しかし悟空もこれでジレンを場外に落とせるとは思っていなかったようで復帰してきたジレンには驚いていません。

 

そしてジレンは悟空の設置した地雷をゆっくり歩いて踏みまくりながら大爆発とともに悟空に近づいてきます。

 

・ジレンと再び戦うもやられてしまう悟空

場外から復帰してきたジレンと悟空は再び戦い始めますが、ジレンはとてつもない強さで悟空は手も足も出ません。

 

ジレン強すぎる!!

 

超ドラゴンボールを手に入れてキャベを生き返らせるために覚醒するベジータ

 

ベジータはジレンに受けたダメージで身動きが取れない状態になっていましたが、悟空とジレンが戦っている間に体力が回復していたようで立ち上がってジレンの前に立ちます。

 

悟空が地雷を設置したり気円斬を投げていたのはベジータの体力を回復させる目的もあったんでしょうかね、ベジータは悟空がジレンと戦っていた間に体力を回復させていて、悟空と一緒に気を高めて超サイヤ人ブルーに変身します。

 

悟空とベジータ「行くぞジレン!!!」

 

ぐんぐん気を高めていく悟空とベジータ、悟空はそのまま界王拳を使ってブルー界王拳状態になります。

 

そしてベジータはキャベを生き返らせるために自分の限界を超えて目がキラキラしていきます。

 

ベジータはキャベを生き返らせるために限界を超えて目がキラキラになってしまいました。

 

キュアベジータ爆誕です。

 

変身したベジータの目は身勝手の極意になった悟空と同じ目をしています。ベジータは超サイヤ人ブルーの状態で身勝手の極意を発動させたのでしょうか、とてつもない力が担っているそうです。

 

界王拳ブルー悟空&超サイヤ人2?ベジータVSジレン

界王拳を使ったブルー悟空と超サイヤ人ブルー2?に変身したベジータはジレンに向かっていきます。

 

限界突破したベジータと悟空とジレンの戦いが始まりました。さすがのジレンも2人の猛攻撃に押されているようです。

 

強いぞベジータ!! お目々がキラキラしててかわいいぞベジータ!!

 

とういうことで次回に続きます。

 

 

 

 関連記事です

www.dragonball-etc.com

www.dragonball-etc.com

 

スポンサーリンク