ドラゴンボールエトセトラー

自分の趣味、好きなことについて書いていけたらと思います。

ドラゴンボール超 103話 第10宇宙が消滅して残念そうなクスとリブリアンと遊ぶ17号

ドラゴンボール超103話の感想です。タイトルで思いっきりネタバレしてますが、そういうことです。そうなります。はい。

 

103話は第2宇宙のリブリアン&ロージイと17号&悟空の戦い。ピッコロ&悟飯とマッチョな第10宇宙のルバルト&オブニの戦いになります。

 

筋トレが最強のソリューションである マッチョ社長が教える究極の悩み解決法

 

 目次

 

17号&悟空 VS リブリアン&ロージイ

前回ドラゴンボール超102話でカクンサが17号に倒された事に大激怒のリブリアンはカクンサのかたきを取るために17号と戦い始めます。

 

・リブリアンのテンションに合わせるノリの良い17号

カクンサの復讐に燃えるリブリアンは17号に闇の戦士と言い放ちます。悪の戦士と言われた17号はリブリアンにあわせてこう言います。

 

17号「我が名は人造人間17号!! 愛の戦士リブリアン、我が第7宇宙存続のために、この舞台より消えてもらうぞ」

 

リブリアン「そんなことはさせない!!私の愛が消えない限り、第2宇宙の幸せは私が守る!!」

 

17号「ならば俺のねがいとお前の愛、どちらが強いか決着をつけよう!!」

 

ノリいいなあ17号、もしかして子供といつもこんなことやってるんですかねえ。

 

・闇の戦士17号 VS 愛の戦士リブリアン

戦い始めたリブリアンと17号、しばらく肉弾戦で殴り合っていると17号がこう言います。

 

17号「なかなかやるじゃないか」

 

リブリアン「闇の戦士なんかに褒められたくもないわ!!」

 

なんか17号は楽しんでますねえ。

 

・悟空 VS ロージイ

悟空はロージイと戦っています。ロージイはヤッチャイナー拳の使い手で悟空に向かって無数のエネルギー弾を撃っていきますが、悟空はすべて弾き返していきます。

 

・押され始める悟空

ロージイの連続エネルギー弾の攻撃を最初はすべて弾き返していた悟空ですが、ロージイは攻撃に緩急をつけ始めました。悟空はそれに対応できなくなり少しずつ攻撃が当たり始めてしまいます。

 

当たり前ですが悟空はノーマル状態です。

 

・バリアーで悟空を助ける17号

無数のエネルギー弾で悟空を攻撃していたロージイは、悟空の回りにたくさんの気弾を設置して悟空に向かって襲いかからせます。ピッコロの魔空包囲弾みたいなやつです。

 

そしてロージイの攻撃を受けそうになっている悟空を見た17号は、悟空の側に行きバリアーを貼って助けに入ります。

 

おお17号が悟空のピンチを助けました。

 

ちなみに悟空はノーマル状態です。

 

・ロージイの回りに気弾を設置する悟空

17号に助けられた悟空は再びロージイと戦い始めます。瞬間移動でロージイの背後に移動すると、ロージイの回りに気弾を3つ設置してロージイの動きを封じた後、目の前から気功波を撃って吹き飛ばしました。

 

・リブリアンとロージイを助けるヤードラット星人のジーミズ

17号と戦っていたリブリアンも、ロージイが悟空に吹き飛ばされたところを見ると近くに駆けつけます。このまま2人は場外かと思われましたが、同じ第2宇宙のジーミズがやってきて2人を一緒に瞬間移動で助けて何処かへと撤退しました。

 

17号「逃げられたんなら仕方ない、次に行くか・・・」

 

17号さん力の大会始まってから、誰にも全く苦戦しないで戦ってますが悟空より強いんじゃないの? これ........。

 

ピッコロと悟飯とボタモ

場面は変わってピッコロと悟飯の戦いです。2人は第6宇宙のボタモと向き合っています。悟飯はピッコロに「僕にやらせてください」と言うとボタモと戦い始めました。

 

・押し出されるボタモ

ボタモと戦い始めた悟飯はボタモに攻撃していきますが、ボタモには全く攻撃が効きません。しかし悟飯は怯まずにそのままボタモを殴り続けます。

 

殴り続けられたボタモは、悟飯の攻撃により体が宙に浮いて自由に身動きが取れなくなっていきます。そして悟飯は攻撃の手を休めずにボタモを場外に押していき、悟飯はかめはめ波を撃ってボタモを場外にふっ飛ばしていきます。ボタモは場外負けで失格です。

 

第7宇宙 悟飯&ピッコロ VS 第10宇宙 オブニ&ルバルト

ボタモをかめはめ波で吹き飛ばした悟飯の目の前に現れたのは、第10宇宙のオブニとルバルトです。悟飯の近くにいたピッコロもあわせてこの後4人の戦いになります。

 

第10宇宙のジルコルは、この少し前にジーミズによって場外に落とされているので、第10宇宙の残り選手はオブニとルバルト2人だけになってしまいました。崖っぷちの戦いです。

 

・ピッコロ VS ルバルト

ピッコロはルバルトと戦い始めましたが少し苦戦していますね、ピッコロはこの前の話でアルティメット悟飯と戦えていたのでルバルトもそれくらいの強さなんでしょうか。

 

ルバルトに押されていたピッコロはルバルトに向かってエネルギー弾を撃っていきますが、全く方向違いの方に撃っていくのでルバルトには当たりません。

 

ルバルト「苦し紛れか!!ちっとも当たらないぜ!!!」

 

せやな、当たらんな。

 

ピッコロ「まあ、逃げ道をふさがんと面倒だからな」

 

はい、魔空包囲弾です。

 

魔空包囲弾を食らったルバルトはダウンして、ピッコロに場外に飛ばされ失格です。

 

やっぱすごいやピッコロさん。

 

・オブニ VS 悟飯

悟飯はオブニと戦い始めました。しばらく殴り合っているとオブニは体を分身させるかのような技を使っていきます。これを使われた悟飯はオブニの実態がつかめなくなり攻撃が当たらなくなってしまいます。

 

逆に分身のような技を使い始めたオブニは悟飯を吹き飛ばしていきます。悟飯ピンチです。まあノーマル状態ですが。

 

・オブニの技の正体

オブニと悟飯の戦いを見ていたウイスからオブニの技の正体が明かされます。オブニは自分の体内の気を操って悟飯にフェイントをかけているそうです。実態よりも先に気で作った幻覚で攻撃して相手をまどわし、出来たすきを実態で攻撃するような感じでしょうか。

 

それなんて虎咬真拳?

 

まあ、あれですハンターハンターのカストロのダブルみたいな感じです。たぶん。

 

・オブニの技を見切る悟飯

オブニの技に翻弄されていた悟飯ですが、ここでアルティメット悟飯に変身。オブニの攻撃を避けることを止めてすべて体で受け止めることにしました。

 

オブ二は先に幻覚の方で攻撃して、その後実体で攻撃してくるので、この実体の攻撃をあえて避けずに受け止めてカウンターを食らわしていくことで悟飯は逆転していきます。

 

オブニも悟飯のカウンターを受け止めながら戦っているので、お互いノーガードで殴り合っています。まさにナイフエッジ・デスマッチ!!

 

それにしてもオブニはアルティメット悟飯とノーガードで殴り合えるなんて、相当戦闘力が高いですね。

 

・悟飯のフェイント

ノーガードで殴り合いを続けてきたオブニですが、さすがに押されてきて気を使った幻覚での攻撃ができなくなってきました。そのすきを突いて悟飯はオブニにエネルギー弾を撃つかと思われましたが、これはフェイントで空中にジャンプしてかめはめ波を撃っていきオブニは場外に吹き飛ばされて失格です。

 

クス「あ~あ、やられちゃった」

 

クスたん ;;

 

第10宇宙消滅

オブニが破れたことにより第10宇宙は消滅です。消滅していく第10宇宙の選手たちとゴワス様とラムーシ。

 

第10宇宙の天使クスは残念そうにため息を付いています。一緒に神tubeに踊ってみた動画を投稿してたりして仲良かったからねえ..。

 

最後に

これで第9宇宙に続き第10宇宙が消滅しました、第9宇宙が消滅した時のモヒイトのリアクションとクスのリアクションが対象的でいいですね。

 

モヒイトは第9宇宙を嫌っていたので消滅する時は笑っていましたが、クスは第10宇宙の事が好きだったのでがっかりしてため息をついていました。

 

オブニも家族を持っていたようで必死だったようですが、それは悟飯も同じです。ビーデルさんという超絶可愛い奥さんとパンのために必死で戦っております。負けてはいられません。

 

 

 

あわせて読みたい

www.dragonball-etc.com
www.dragonball-etc.com

www.dragonball-etc.com

 

 

 

スポンサーリンク