ドラゴンボールエトセトラー

自分の趣味、好きなことについて書いていけたらと思います。

ドラゴンボールは殺し屋 桃白白登場以降 本格的なバトル漫画に変化していく「レッドリボン軍編」

ドラゴンボールといえばバトル漫画として人気がありますが。初期のドラゴンボールはバトル漫画ではありませんでした。それとホントかどうかはわかりませんが、最初の天下一武道会の話が始まるまでは人気が出なかったそうです。

 

ここではドラゴンボールはどの辺りから本格的なバトル漫画に作風が変わったのか、などを考察していきたいと思います。

 

DRAGON BALL THE MOVIES #17 ドラゴンボール 摩訶不思議大冒険 [DVD]

 

 目次

 

天下一武道会までドラゴンボールの作風はギャグ漫画

天下一武道会までのドラゴンボールはバトル漫画とは程遠いギャグ漫画になっています。そのため、連載開始時もギャグ漫画枠として始まったためにページ数も少なく15ページ程度しかありません。

 

ギャグ漫画として始まったドラゴンボールですが、最初は人気が出なかったそうです。しかし天下一武道会編を始めると少しづつ人気が出始め、その後少しずつギャグ漫画からバトル漫画へとシフトしていくことになります。

 

・バトル漫画にシフトしていくうちに死人が出るようになる

ドラゴンボールで最初に死んだ人間は、本編70話『ブルマの大失敗』レッドリボン軍編で登場したブルー将軍のうしろで鼻クソをほじっていた眼鏡のおっさんになります。

 

f:id:hikikomogomorin:20171025172512j:plain

(引用:ドラゴンボール六巻)

 

 

 

この眼鏡のおっさんはブルー将軍の後ろで鼻クソをほじっていたのがバレて、処刑されてしまいますが、処刑された理由はギャグになっています。

 

ドラゴンボールにアラレちゃんが登場

レッドリボン軍編の中盤では鳥山先生の前作品であるアラレちゃんが出てきます。ストーリーの内容としてもギャグ盛りだくさんで、「これから先できなくなるかもしれないからめいっぱいやってやろう」というような感じで笑える内容になっています。

 

そしてアラレちゃん登場以降、今までの作風に別れを告げるようにドラゴンボールの作風は変わっていきます。

 

・アラレちゃん登場の次の話、ボラにヤリを投げられて串刺しになるレッドリボン軍

アラレちゃんの出て来る話が81話から83話になります。そしてその後の84話では聖地カリンでウパの父親ボラがレッドリボン軍と戦っています。ボラはレッドリボン軍の1人に持っていたヤリを投げて串刺しにして殺します。

 

上記の鼻クソのおっさんとは違い、殺しがギャグではなくなっています。そしてボラは聖地カリンにきたレッドリボン軍を皆殺しにしていきます。

 

ドラゴンボールに桃白白登場

ペンギン村からレッドリボン軍の本部に帰ってきたブルー将軍は兵士に一般人だと勘違いされて銃口を向けられます。このブルー将軍を一般人だと勘違いして銃口を向けた兵士はブルー将軍に殴られて壁に叩きつけられて血を流して死にます。

 

・桃白白に殺されるブルー将軍

本部に帰ってきたブルー将軍は悟空から奪ったドラゴンレーダーをレッド総帥に渡しますが、レッド総帥は「私はドラゴンボールをもってこいと命令した」といってドラゴンボールを持ってこれなかったブルー将軍を処刑しようとします。

 

ブルー将軍はもちろん猛反発します。そこでレッド総帥はブルー将軍の今までの貢献度を考えて「最近雇った殺し屋の桃白白と戦い勝つことが出来たら見逃す」と言ってブルー将軍と桃白白を戦わせます。

 

桃白白と戦ったブルー将軍ですが桃白白にベロでこめかみを刺されてあっさりと殺されます。ここまでのストーリーですが完全にギャグ漫画ではなく、人が死ぬバトル漫画になっています。

 

その後、桃白白は聖地カリンに行き、ボラをヤリで串刺しにして殺し、悟空にどどん波を撃って殺します(桃白白は殺したと思っていたが悟空は気絶していただけ)。

 

悟空を倒した桃白白は悟空と戦った時にかめはめ波を食らって服が破けてしまったので仕立て屋に新しい服を作ってもらいに行きます。

 

その後、服を作ってもらった桃白白はお金を払わずに店を出ていこうとしたところ仕立て屋からお金を払うように引き止められてしまいます。

 

引き止められた桃白白は仕立て屋に「お金の代わりに誰か殺してやろう」と言います。もちろん仕立て屋は断りますが、断った仕立て屋は桃白白にひたいを指で刺されて殺されてしまいます。

 

アラレちゃん登場の83話以降ドラゴンボールは人が死にまくる漫画になる

84話から87話の4話で死んだ人物は、

 

・聖地カリンに攻め込んでボラに殺されたレッドリボン軍。

・ブルー将軍を一般人だと勘違いして銃口を向けた兵士。

・桃白白にベロで殺されたブルー将軍。

・桃白白にヤリを投げられて串刺しになったボラ。

・桃白白にひたいを指で刺さされて殺された仕立て屋。

 

たった4話で沢山の人物が殺されています。今までのドラゴンボールでは考えられない展開です。

 

脱ギャグ漫画家鳥山明

ここからは完全に個人の推察.......というか妄想の話になります。

 

ドラゴンボールは最初のギャグ漫画の間は人気が出なかったそうです。しかし天下一武道会から人気が出始めてバトル漫画に少しずつ変わっていきます。その後レッドリボン軍などが出てきて悟空は軍隊と戦うようになります。

 

最初は鼻糞ほじってたおっさんが鼻クソをほじっていたという理由で処刑されるような殺しがギャグになっていましたが、アラレちゃん登場以降、殺しにギャグがなくなっていきます。そしてアラレちゃん登場以降4話の間に人が死にまくります。

 

これは恐らく今までの鳥山さんのギャグ漫画家としてのイメージを壊すためにやったことではないでしょうか。当時の鳥山さんはDr.スランプのイメージが強かったと思います。

 

ドラゴンボールもバトル漫画路線になったと言っても人が死ぬような漫画ではない。そう当時の読者も思っていたと思います。

 

そこでドラゴンボールでいったんアラレちゃんを出して今までの作風を出し、その後、桃白白を登場させ人が死にまくるような話を連続して作ることによって今までの作風を壊しているように感じます。

 

そして、この4話の間に登場人物を殺しまくったドラゴンボールは以降、平気で人が死んだり殺人が行われたりするバトル漫画へとシフトしていきます。戦いの描写もどんどん派手になっていきます。

 

まとめ

天下一武道会で人気が出始めたドラゴンボールは少しづつバトル漫画路線にシフトしていき、悟空もレッドリボン軍という軍隊と戦うようになっていきます。軍隊と戦い始めたからには人が死ぬことも普通にあると思います。

 

そこで今までの鳥山さんの作風を壊すために、アラレちゃんを一回出してその後、登場人物を殺しまくることによって読者に「これからのドラゴンボールは人が死んだりするようなバトル漫画に変わります。」みたいな事を伝えているように思います。

 

今では鳥山さんはドラゴンボールのイメージが強いですが、当時はDr.スランプのイメージが強かったと思いますので当時ドラゴンボールを読んでいた読者は突然登場人物が死にまくるようなったことに驚いたんじゃないでしょうか。

 

あわせて読みたい 

www.dragonball-etc.com

www.dragonball-etc.com

www.dragonball-etc.com

www.dragonball-etc.com

 

 

スポンサーリンク