ドラゴンボールエトセトラー

自分の趣味、好きなことについて書いていけたらと思います。

ドラゴンボール超 101話感想 プライドトルーパーズ VS 人造人間17号と18号

ドラゴンボール超101話『迫りくる正義の戦士プライドトルーパーズ!!』の感想です。第11宇宙プライドトルーパーズのメンバー5人と人造人間18号と17号の戦いの話になります。

 

まあプライドトルーパーズに負けず劣らず17号も18号も強い。びっくりするぐらい強いですよ。17号は以前悟空と戦って強くなっているのはわかっていましたが、まさか18号までここまで強くなっているとは。

 

一番くじ ドラゴンボール超 最強の戦士達 C賞 色紙 人造人間17号&18号

 

 目次

 

目を覚ますケール

前回カリフラに悟空を取られた嫉妬心から伝説の超サイヤ人に覚醒して暴走ていたケールはジレンに吹き飛ばされて、変身も解除され気絶していましたが、どうやら目を覚ましたようです。

 

近くでケールの心配をしていたカリフラは、ケールが目を覚ましたことに気づくと近づいていきケールの潜在能力を褒めたたえます。しかしケールは伝説の超サイヤ人になって暴走していたことはお終えてない様子。

 

口から煙を吐いてましたからねこの娘、覚えてなくても不思議じゃない。

 

・ジレンと戦いたがっている悟空

暴走してスーパーサイヤ人ブルーでも苦戦していたケールを、あっという間にふっ飛ばしたジレンを見ていた悟空はジレンに向かって「オラと戦え!!」と言っています。もうウズウズして仕方ない感じなんでしょうか悟空は。

 

ジレンに戦いを申し込むと悟空は構えを取りますが、ジレンは悟空を見たままその場に立っています。これはセルゲームの時にセルに戦いを挑んだサタンを見るセルの様な感じですね。ジレンは全く悟空に興味はない様子です。

 

・トッポ乱入

ジレンに向かって構えていた悟空ですが、そこにトッポが乱入、ジャスティスフラッシュを悟空に向かって撃っていきます。悟空はそのままジャスティスフラッシュをモロに受けて吹き飛ばされてしまいました。全弾命中してましたよ、悟空さん油断しすぎでしょう。

 

そして悟空と吹き飛ばしたトッポはジレンに悟空の相手は他のメンバー5人に任せて体力の温存を図ろうと言ってジレンとトッポは退却します。

 

・地面から悟空が出てきてこんにちは

トッポのジャスティスフラッシュに吹き飛ばされた悟空は、カリフラとケールのいる地面からボコっと出てきました。トッポに吹き飛ばされたと思ったら地面からボコって出てくるとかどういうことなんだこれは。

 

というか、この武舞台はカッチン鋼より硬いカチカッチン鋼で出来てるのにこんな簡単に壊せていいんでしょうか。よくわかりませんが.....。

 

そして地面から出てきた悟空を見たカリフラはこう言います。

 

カリフラ「ケールの寝込みを襲いに来たのかよ、この腐れ外道!!」

 

な、な、何か勘違いをしていらっしゃるぞ、この娘さんは。

 

プライドトルーパーズ参上!!!

そんな地面から出てきた悟空とカリフラ、ケールが仲良くわちゃわちゃやっていると、武舞台が壊れてできた岩山にプライドとスーパーズの5人が立っていました。

 

そしてプライドトルーパーズはお決まりの名乗り口上です。

 

カーセラル「我が名はカーセラル!!」

 

タッパー「タッパー!!」

 

ゾイレー「ゾイレーだ!!」

 

ココット「ココットよ」

 

ケットル「ケットル!!」

 

皆揃って「われら、プライドトルーパーズ!!!!!」

 

チュドーン!!!(背後から爆発)

 

 

 

f:id:hikikomogomorin:20170729140232p:plain

 

 

 

そしてケールとカリフラと悟空はプライドトルーパーズと戦うことになりました。

 

・バゲコンビネーション 

場面は変わって亀仙人です。亀仙人は萬國驚天掌で敵を拘束して、拘束している間に天津飯が新気功砲を撃って場外に落とすという戦法で戦っています。さすがの頭脳プレーだ。

 

そして亀仙人と天津飯が萬國驚天掌と新気功砲で敵を場外に吹き飛ばしたところにピッコロと悟飯も合流してきました。

 

・かわいそうなムリチム

亀仙人達が話していると、そこにフリーザがやってきて片手には、恐らくフリーザにボコボコにされた第10宇宙のムリチムが。さらにフリーザの背後からはベジータが現れてこう言います。

 

ベジータ「そいつは俺の獲物だ、横取りするな!!」

 

それを聞いたフリーザは早い者勝ちだと言いムリチムを場外に投げ飛ばしてしまいます。これムリチムはベジータとフリーザの二人がかりでボコボコにされてたってことですかねえ。かわいそうだなあ。

 

というか第10宇宙のメンバーは、ろくなのいないですね、ヤラレ役ばっかりです。

 

・タッパーにおんぶされてる悟空

悟空はタッパーに抱きつかれています。

 

おいそこ変われ、タッパー。

 

どうやらタッパーは、自分の体を重くする能力を持っているそうです。子泣きじじいみたいですね。悟空に抱きついているタッパーは自分の体をどんどん重くしていきます。タッパーに抱きつかれている悟空は苦しそうです。

 

おいそこ変われ、タッパー!

 

そしてタッパーが悟空を拘束しているところにゾイレーが凄まじいスピードで回転して悟空を攻撃していきます。悟空ピンチ!! 

 

ノーマル状態だけど.......。

 

・ココットゾーン

カリフラはケットルと戦っていましたが苦戦しています。カリフラの放つ攻撃はことごとく避けられてしまいます。当たり前ですがカリフラさんはノーマル状態です。なぜベストを尽くさないのか。

 

日本科学技術大学教授上田次郎のなぜベストを尽くさないのか

 

そんなケットルに苦戦しているところを見ていたケールはカリフラを助けようと駆けつけましたが、ココットのココットゾーンによって動きを拘束されてしまいます。さっきの亀仙人の萬國驚天掌にかけてるんですかね。そういえば悟空もタッパーに拘束されて身動きが取れなくなったところをゾイレーに攻撃されていましたね。

 

・勝ち誇っているカーセナル

ココットがケールを拘束しているところを見ていたカーセナルは勝ち誇っていますが、横から17号に殴られて吹き飛ばされました。第7宇宙を甘く見るなよ。

 

そして17号の近くには18号もいました。

 

プライドトルーパーズ VS 人造人間17号18号

・カーセナルと戦う17号と18号

カーセナル「ジャスティスサーベル!!!!!!」

 

カーセナルは自分の両腕に気でできた剣を出すと2人に襲いかかります。しかし2人は全部避けていきます。つよい。

 

そして17号と18号は別々に分かれて17号はカーセナルとの一騎打ちになります。

 

カーセナル「ふん、女は逃したか、ジャスティスボンバー!!!!」

 

カーセナルは必殺技ジャスティスボンバーを17号に撃っていきますが、17号はバリヤーを出してガードします。強い!!

 

・悟空を助ける18号

悟空はたぶん、ずーーーーーーーーっとタッパーに抱きつかれて拘束されていたんでしょうね、スーパーサイヤ人にも変身しないし、好きなの?もしかして好きなの?こういうの?

 

あとタッパー、そこ変わって。

 

そこからさらにタッパーは体を重くしていきます。タッパーの重さで地面がわれていきます。カッチン鋼よりも硬いカチカッチン鋼で出来ているはずなのにすごい重さです。

 

そんな体を重くしていったタッパーの背後からエネルギー弾が襲いかかります。どうやら18号が撃ったもののようです。

 

18号「早く放しな」

 

そう言うと18号は悟空に抱きついているタッパの背中に向かって気功波を打ちまくっていきます。

 

おい、そこ変われタッパー!!!完全にご褒美じゃねーか!!!

 

そして18号のご褒美に耐えられなくなったのかタッパーはたまらず悟空に抱きつくのを止めてゾイレーのもとへと避難します。

 

タッパー「あの女、容赦ねえ!!!」

 

そしてタッパーが逃げてきたので今度はゾイレーが必殺技のジャスティススピンで18号に向かって突っ込んでいきます。

 

18号「ジャスジャスうるさいやつだ、アンタも撃ちな!!」

 

悟空「おう」

 

18号さんは悟空に命令すると2人でジャスティススピンで竜巻状になっているゾイレーにエネルギー弾を打ちまくっていきますが、ゾイレーはそれを跳ね返していきます。そしてタッパーもゾイレーと合体して合体技ダブルプライドスピンで攻撃!!

 

ゾイレーはジャスティススピンでタッパーを大砲のように打ち出すと18号に命中しますが18号はなんともなかったようにタッパーを持ち上げて、そのまま場外に放り投げてタッパーは場外負けです。

 

残されたゾイレーはたまらずに二人の前から退散していきました。17号と戦っていたカーセナルもゾイレーからタッパーがやられたことを通信で聞かされると、一時退却します。

 

18号はゾイレーもタッパーとも余裕そうに戦ってましたけど、どんだけ強いんでしょうかねえ、もしかして17号と一緒くらいなんでしょうか。

 

プライドトルーパーズ4人とカリフラとケール

タッパーがやられてしまったのでゾイレーとカーセナルは、ケールとカリフラと戦っていた、ココットとケットルのもとに行き4人でカリフラを倒そうと考えます。ココットはケールを拘束していたココットゾーンをMAXパワーまで上げると辺り一帯にココットゾーンを広げました。これで悟空も18号達も手を出せなくなってします。

 

さすが正義の味方だ、勝てばよかろうなのだ。

 

外にいる悟空も、瞬間移動でココットゾーンの中に入ろうとしますが気が探れないようで中に入ることが出来ません。

 

・覚醒するケール

ケールはココットゾーンで拘束されているので身動きが取れません、目の前でカリフラがプライドトルーパーズにやられていくのをただ見ているだけです。そしてゾイレーがカリフラにとどめを刺そうとした時にケールは自分の不甲斐なさを嘆いて覚醒します。

 

覚醒したケールは、またブロリーの様な伝説の超サイヤ人になり暴走するのかと思いましたが今度の変身は違うようでケールは変身した気をコントロールして自我を保っています。そして変身した姿は、まるで神取忍のよう........................。

 

BBM2013 女子プロレスカード/TRUE HEART■レギュラーカード■026/神取忍

 

そして覚醒したケールはココットゾーンを弾き飛ばすとカリフラと一緒にプライドトルーパーズと戦い始めました。

 

ユナイテッドジャスティスストリーム

プライドトルーパーズの合体技ユナイテッドジャスティスストリームがケールたちを襲います。2人も負けじと気功波を撃っていき打ち合い対決になりました。

 

ユナイテッドジャスティスストームとの打ち合いに最初は押されていたカリフラとケールでしたが、ケールは打ち合いの中ブロリー状態に変身してパワーアップ、ユナイテットジャスティスストリームを打ち返していきます。

 

打ち合いに負けたプライドトルーパーズは場外に落ちて脱落です。しかしココットはココットゾーンで自分を守って場外を免れたようです。そしてココットゾーンが破れて中からカリフラとブロリー状態になったケールが2人揃って出てきました。

 

といか絵面が面白すぎるんですが。

 

ちなみにケールはブロリー状態のまま、悟空の前に出ても暴走しないみたいですね、完全にコントロールしてるみたいです。そしてそのままケールは力を使い果たして気絶してしまいます。

 

ココットゾーンによって場外を免れたココットは場外へ18号に投げられて脱落です。

 

最後に

それにしても17号と18号は全然危なげなくプライドトルーパーズに勝ってしまいましたね。カリフラは結構苦戦してたんですがねえ、まあノーマル状態ですが。

 

ケールも力のコントロールを覚えたようで、もう暴走することはない感じなんですかねえ、でも変身した姿がどうにもアレすぎてアカンですよこれ、まあ別にいいですけどさあ.........。

 

 

あわせて読みたい

www.dragonball-etc.com

 

www.dragonball-etc.com

www.dragonball-etc.com

 

 

 

スポンサーリンク