ドラゴンボールエトセトラー

自分の趣味、好きなことについて書いていけたらと思います。

ドラゴンボール超 81話感想 潰しのベルガモ VS 孫悟空

ドラゴンボール超 81話の感想です。前回全覧試合の二試合目、悟飯とラベンダの戦いは両者引き分けに終わりました。

 

続いて第三試合は悟空とトリオ・デ・デンジャーズのベルガモとの試合になります。

 

ドラゴンボール超 Blu-ray BOX7

 目次

 

宇宙消滅とか全然気にしない悟空

力の大会の詳細を聞いて動揺している各宇宙の神々ですが、悟空は全くそんなのお構いなくベルガモとの戦いに挑みます。

 

悟空はベルガモに「この戦いは宇宙の消滅とか関係ないから気楽にやろうぜ」といいます。

 

そんなベルガモは悟空に対して「口を閉じろ最低野郎!!」といいます。まあ悟空のせいで自分たちの宇宙消滅するかもしれないんでしょうがないですね。

 

・演説し始めるベルガモ

ベルガモは会場に集っている全宇宙の神々に演説し始めます。

 

悟空のせいでこんなことになった、自分たちの宇宙、第9宇宙は人間レベルが全宇宙の中でも最低ランクだが、ここにいる悟空はそんな俺達の宇宙なんかよりももっとレベルの低い最低野郎だみたいなことを言います。

 

コイツが大会を開いてほしいなどと言わなければ、宇宙消滅を賭けて戦わなくても良かった、こいつは悪魔だと。

 

しかし全王様は最初からレベルの低い宇宙は消してしまおうと考えていたので悟空が言い出さなくても遅かれ早かれ消されていたとは思いますが。

 

・口のうまいベルガモと釣られる各宇宙の神々

ベルガモは悟空を悪人に仕立てて全王様に、「この試合でオレが勝ったら力の大会で負けた宇宙の消滅をなくして欲しい」と願い出ます。

 

このベルガモの言葉に釣られたのか他の神々も悟空のことを敵視し悟空は完全に悪人として扱われていきます。

 

まあ悟空はなんとも思ってないようですが。

 

・ベルガモの提案を聞き入れる全王

そんな中、全王様はベルガモの提案を受け入れ、ベルガモが悟空に勝てば力の大会で負けた宇宙は消滅というルールは無くすそうです。

 

これで悟空が負けてくれれば宇宙消滅のことは関係なく大会は開催されそうだったのですが、全王様はもし悟空がわざと負けるようなことがあれば全宇宙を消してしまうそうです。

 

案の定悟空はわざと負けてあげる気とか微塵もないようで、本気で戦うそうです。

 

ベルガモ対悟空、試合開始

ベルガモと悟空の試合が始まりました。肉弾戦のを繰り広げる中ベルガモは指で悟空の目を潰そうとしますが悟空はそれを防ぎます。

 

いきなり目潰しを狙ってくる辺りちょっっと卑怯なキャラクター何でしょうか、まあ悟空もジャン拳チョキとかありましたけれども.....。

 

・悟空の攻撃を受けて体が大きくなっていくベルガモ

ベルガモは両手を広げて悟空に攻撃してこいと言います。

 

悟空はベルガモの言うとおりに攻撃を仕掛けるのですがベルガモには攻撃がきかないようで攻撃すればするほどベルガモの体が大きくなっていきます。

 

ベルガモは「潰しのベルガモ」と言われているようで相手の攻撃を吸収して倍の力で返すことができ、自分の体を大きくして戦闘力を高め強くなれるようです。

 

・ベルガモをわざとドンドン強くしていく悟空

悟空はスーパーサイヤ人になるとベルガモを猛攻撃していきます。攻撃されたベルガモはその攻撃のエネルギーを吸収して体がみるみると大きくなっていきます。ベルガモは悟空の攻撃をくらえばくらうほどパワーアップしていきますが悟空はお構い無しで攻撃の手を休めません。

 

悟空は相手が強くなればなるほどワクワクしてくるので、ベルガモをどんどん攻撃して大きくしていきます。バトルジャンキーですね完全に。

 

スーパーサイヤ人ブルーになって一気に決める悟空 

悟空の攻撃を吸収して超巨大化したベルガモに対して悟空はスーパーサイヤ人ブルーに変身し、そのまま界王拳も使ってかめはめ波を放ちます。

 

巨大化したベルガモも必殺技ウルフガングペネトレーターで反撃、かめはめ波にあっさり撃ち負けてしまいます。

 

ベルガモはそのまま気絶し悟空の勝利です。

 

・第7宇宙の勝ち

全覧試合第7宇宙と第9宇宙の戦いは第7宇宙の勝ちになり、力の大会のルールはそのままで行うことになりました。

 

すっかり悪役になってしまった悟空さんですが、ここで全宇宙に対して

 

悟空「とびきりつええ奴揃えてオラにかかって来い、一人残らずぶちのめしてやっかんなあ!!!」と挑発します。

 

皆怒っちゃいましたね、ヘイト集めまくりです悟空さん。

 

トッポ乱入

ここで試合を見ていた第11宇宙 プライド・トルーパーズ リーダーのトッポが乱入してきます。

 

トッポは今までの悟空の行動を見ていて、こいつはとんでもない悪人だと思ったようで悟空との戦いを申し出てきます。

 

全宇宙の平和を乱そうとしてますから悟空さん悪人ですわ。

 

・悪人孫悟空

悟空はトッポに悪人扱いされても全然平気でトッポと闘うことにもノリノリで「さっきの奴じゃ物足りなかった」とも言っています。

 

トッポは悟空に対して言います「我が心にある望みは、悪・即・斬なり!!!」

何処かで聞いたことのあるようなセリフを言います。

 

悟空は「オラが悪か......おもしれえ!!!」と言って自分が悪であると言われたことを否定しません。

 

なんかすごい展開になってきました。

 

力の大会のルールなどまとめ

81話で出てきたこと

・ベルガモは「潰しのベルガモ」と言われている

・ベルガモは受けた攻撃を自分の力に変え、体を大きくし倍の力でカウンターできる

・ベルガモが81話で使った技はウルフガングペネトレーター

 

81話で力の大会のルールが出てきました。以下にまとめておきます。

・武舞台から対戦相手を落とせば勝利

・相手が武舞台で倒れていたら武舞台の外に落とすことで勝ち

・術以外の武器の使用を禁止

・相手を死亡させてはいけない

・舞空術などの空を飛ぶ行為は無の界では無効(禁止ではなく無効なので無の界では舞空術そのものが使えない?)

・制限時間は100タック(地球時間で48分)

・試合はすべての選手80人での落としあいのバトルロイヤル

 

最後に

次回は完全に悪人扱いになってしまった悟空さんと第11宇宙の正義の戦士プライド・トルーパーズのリーダー、自由の戦士トッポさんとの試合になります。 

 

 

スポンサーリンク