ドラゴンボールエトセトラー

自分の趣味、好きなことについて書いていけたらと思います。

テレビがつまらないならラジオを聴けばいいじゃないか オススメラジオ番組5選(TBSラジオ) 

皆さんテレビは見ていますでしょうか、面白い番組はたくさんあるとは思いますが、もし「テレビちょっと飽きてきたなー」とか、「最近いまいちだなー」と思っている方にラジオをオススメしていきたいと思います。

 

 

この記事では、ラジオは意外と面白いからどうですかって感じで、ゆるくオススメしようかなあと思います。

f:id:hikikomogomorin:20170610130428p:plain

 

 目次

 

ラジオのススメ

おそらくテレビを見たことがある方はたくさんいても(見たことない方は多分いないと思うますが)ラジオを普段から聴いている方は多分少ないと思います。

 

よくて車の中で聴くくらいでしょうか、好きな番組があったりする方は、少ないかなあと思います。私はラジオが好きでテレビよりもラジオの方をよく聴いてたりします。

 

ここでは普段ラジオを聴いていない方などに少しでも興味を持っていただけたらなあと思い書いてみようと思いました。

 

昔までとは違い今ラジオ番組はPCやスマホアプリ(radiko)でも簡単に聴くことができます。

 

radiko.jp

 

タイムフリー機能によって過去の番組なども聞けるので重宝しています。

 

ラジオの良さ

まずはラジオの一番いい所(特に深夜ラジオ)は下ネタトークです。

 

テレビと比べると規制がゆるいのか結構過激なトークが聴けます、人気のお笑い芸人さんのやっている番組とかかなり過激なんです。

 

他にも私のよく聞いているTBSラジオのニュース番組などは内容がとてもいいですね。

 

オススメ番組

私がよくきいている面白いおすすめのラジオ番組を5つ紹介したいと思います。

 

荻上チキSession22

概要[編集]

本番組の前番組『ニュース探究ラジオ Dig』(以降「前番組」とする)でパーソナリティのひとりを務めた荻上チキをパーソナリティとする番組[2]。荻上が提唱するポジティブな改善策の提案、いわゆる「ポジ出し」の思想をベースにして、「任せて文句を言う」のではなく、「引き受けて考える」ためのヒントを提示する、新しい時代のニュース情報番組を目指す[2]。この番組ではテーマやニュースに合わせて「探究モード」「バトルモード」「わいわいモード」などと、柔軟に形式を変化させながら、番組を進行していく[2]

22時から23時台のテーマはおもに時事的な問題や政治問題を取り上げ[3]、スタジオに招いたり電話出演したゲストとの会話、またはあらかじめやりとりを録音した音源を交えながら、議論を進めていく[4]

荻上チキ・Session-22 - Wikipedia

 放送時間

TBSラジオ 月曜~金曜日 22:00 - 23:55

まずは荻上チキSession22です、この番組はニュース番組です。日々あったニュースなどを取り上げていき番組内で解説したり、議論したりなどしていきます。貧困問題や政治のニュース、差別などをしっかりと真面目に取り上げている番組です。

 

菊地成孔の粋な夜電波

概要[編集]

ジャズミュージシャン菊地成孔のトークと選曲で進行する音楽番組。開始当初のキャッチコピーは「菊地成孔さんのいい湯加減なしゃべりと、菊地さん自身が選曲したビューティフルな音楽で、粋な夜の電波をピピッとお届けする至福の55分間」。

タイトルコールは宮内鎮雄が担当している。

番組開始時は「毎回AMではかからなそうな曲を4曲かけていく」ことと決めて選曲していた。ジャズが多めに選曲されるが他のジャンルのほかアラブ系のポップミュージックなどもかけるなど、内容は多彩である。選曲はすべて菊地が行うこととなっている。シーズン2では特に曲数の制限など無く放送していた。シーズン3では6曲を目処とすることを、番組中に話している。

リスナーからの曲目のリクエストは基本的には受け付けていない。これまでのシーズン終了の際に"粋なリクエスト特集"と銘打ってリクエストを募集するが、これはシーズン内に放送された楽曲や前口上、テキストの読み上げなどのうち菊地が製作に関わった楽曲などを除いたものを対象とし、あくまでも菊地の選択範囲を超えない限定的なものとなっている。シーズン3からは「リクエストの隣人」と称してこれまで番組でかかった曲か、それに関連したものをリクエストで受け付けることとした。また、「俺の仕事」というコーナーで菊地が何らかの形で関わっている曲のリクエストを受けることとなった。ただし、実際にこれらのリクエストに応えたことはほとんど無い。

なお、本番組について特定の構成作家はついておらず、選曲と進行内容は菊地自身で作成している。

菊地成孔の粋な夜電波 - Wikipedia

 放送時間

毎週日曜日 20:00 - 20:55

 

ジャズミュージシャンの菊地成孔さんのやっている音楽番組です。トークが結構ゆるい感じで、まったりとリラックスして聴ける番組です。選曲される音楽もいいですよ。

 

アルコ&ピース D.C.GARAGE

概要[編集]

2016年9月28日より放送開始[1]。アルコ&ピースの二人が2016年3月までレギュラーを務めていた『アルコ&ピースのオールナイトニッポン0 (ZERO)』(ニッポン放送)終了以来、半年ぶりの冠レギュラーラジオ番組となる。

テーマは「理解不能でシュール、けどクセになる茶番劇がリスナーに受けた彼らのラジオ。その礎となる2人の“コント力”を活かして番組を盛り上げる」トークバラエティ[1]。放送形態は放送日前日の収録による録音である。

アルコ&ピース D.C.GARAGE - Wikipedia

 

放送時間

 

毎週水曜日(火曜日深夜) 00:00 - 1:00

 

お笑い芸人のアルコ&ピースさんがやっているお笑いラジオ番組です。放送から一年ほどですが、めちゃくちゃおもしろいです。特に各コーナーのネタのレベルが高すぎます。狂ってますね。

 

めちゃくちゃおもしろいのでぜひ。

 

ライムスター宇多丸のウィークエンドシャッフル 

概要[編集]

「ちょっとひねった音楽情報番組」がコンセプト。第46回(2008年度)ギャラクシー賞ラジオ部門DJパーソナリティ賞を受賞。

タイトルの「ウィークエンド・シャッフル」は宇多丸が所属するRHYMESTERのアルバム『HEAT ISLAND』に収録されている「ウィークエンド・シャッフル」から。番組オープニングにはこの曲のインストゥルメンタルが使用されている。

ライムスター宇多丸のウィークエンド・シャッフル - Wikipedia

 

放送時間

 

毎週土曜日 22:00 - 24:00

 

ライムスターの宇多丸さんのやっている通称タマフルです。

 

毎週やっている映画評論のコーナーがあるのですが、さすがラップも出来る映画評論家と言われるとおり、とてもおもしろいです。

 

ちなみにこのタマフルの前番組の「四番 なかやま」という番組があったのですが、これが私が今まで聞いてきたラジオの中で最低最悪の下ネタ番組なんですが、もし興味があれば、あれをあれしてみてはいかがでしょうか。

 

伊集院光深夜の馬鹿力

番組概要[編集]

伊集院一人でしゃべる「ピン」のラジオで、ジャンルはお笑い番組である。ブースには伊集院のほかに構成作家である渡辺雅史がいて、笑い声を発している。伊集院曰く「リスナーに対する誘い笑い」との事である。渡辺はスペシャルや録音のとき以外はしゃべらず、紙に書いて意思や情報を伝達している。番組の基本スタンスとして「男性のみに向けて放送してる」という方向性を打ち出しており、聴取率調査では男性は伊集院が1998年の放送で「平均2%」と発言している。しかし、女性には人気がなく「0%」(聴取率表では「※」で表記される)を何度も記録しており、伊集院もこの層は既に見限っている旨の発言を幾度か行っている。また、ホームページでも「番組スタートから今まで男女の聴取者比はほぼ100:0!」と書いている。

投稿は基本的に、はがきまたはFAX(生放送中のみ)で募っている。「すべてのネタに自ら目を通しておきたい」「番組中にメールをさばく構成作家がいない」という理由からメール募集は長らく行われず、現在も公式ホームページのメールフォーム(コーナーネタのみ)に限定されている。ただし専用のメールアドレスは用意されており、伊集院の気が向いた際に番組中にメール募集を行う事があり、その際にこのアドレスが用いられる。

伊集院光 深夜の馬鹿力 - Wikipedia

 

放送時間 

 

毎週火曜日(月曜深夜) 1:00 - 3:00

 

ラジオの帝王、伊集院光大先生の番組です。テレビとは少し違うやんちゃな伊集院さんの一面が聴けると思います。私はそうとう悪影響を受けています。

 

もうトーク力が半端じゃないですよ。面白いです。

 

最後に

ラジオって結構面白いですよ。今はラジオがなくてもPCやスマホがあれば気軽に聴けるのも魅力です。

 

トークも内容が過激だったり下ネタがきつい番組もありますが、ニュース番組などもありTBSラジオのニュース番組は内容もとてもいいです。

 

もし、最近テレビ見ないなぁとか、ネットばっかり見てるのもなあ、という方がいればためしにラジオをきいてみてはいかがでしょうか。

 

 

スポンサーリンク