ドラゴンボールエトセトラー

自分の趣味、好きなことについて書いていけたらと思います。

【ダイエット】歩くような速度でも痩せるスロージョギングのススメ

f:id:hikikomogomorin:20170523174215j:plain

ダイエットをして体重を減らそうとジョギングを始めたのに、続かなかったり無理をして膝を怪我したりとかそんな経験はありますか?

 

今回おすすめするのは、ジョギングが続かない人でも続けることが出来るスロージョギングの紹介です。

 

 

目次

 

・スロージョギングとは?

f:id:hikikomogomorin:20170523182405j:plain

歩くようなスピードでゆっくり走ることで無理なく走れ、ダイエット効果も高いジョギングの仕方です。

マラソンランナーの方も、ウォーミングアップで取り入れている方法でもあります。

 

ゆっくり走ることで乳酸を貯めることなく心拍数の上昇もあまりないので普段運動しない方や高齢者の方でもつづけられ、きつくない有酸素運動になります。

 

・スロージョギングのやり方

f:id:hikikomogomorin:20170523182426j:plain

スロージョギングは普通のジョギングよりもゆっくりしたペースで走ります。こんなに遅くてもいいの?って言うぐらいのスピードで大丈夫なんです、歩くよりも少し早い程度でいいんです。

 

スピードは出す必要はありません、疲労感を感じない走り方なので気持ちよく走れます。

 

Q,それで本当に痩せるの?

 

大丈夫です、スロージョギングの魅力はほとんど疲れることもなく翌日に疲労をためることもないので継続しやすいのです。

・それでも注意すること

ここでひとつ注意することがあります、いくら疲労感を感じにくいスロージョギングでも外に出て運動するわけですから怪我をしないようにしっかりとストレッチをすることをおすすめします。

ストレッチは屈伸、アキレス腱などを入念にすることで怪我をしっかりと防止できます。

 

シューズ選びも大事ですね。シューズを履いてかかとのところに人差し指が一本入るくらいの大きさを選びましょう。

 

水分補給も忘れずにした方がいいですね、特に夏場は熱中症の危険もありますので、できるだけ夕方や早朝など涼しい時間帯にするのがいいと思います。

 

・まとめ

スロージョギングは疲れにくく、消費カロリーも多いので今日本のみならず世界的に人気のエクササイズになります。

運動の負荷も軽いので運動不足の方から高齢者の方、プロのマラソンランナーまで幅広い方々に好まれています。

翌日に疲れを残さないので継続しやすさも人気の理由ですね、本当に気持ちよく走れますよ。

 

スロージョギングに慣れてきたらそのままスピードを上げて通常のジョギングに挑戦されてもいいかもしれませんね、その場合は足への負担が強くなりますのでしっかりと入念にストレッチをしてください。

 

頑張って継続してダイエットを成功させましょう。

 

以上です。

 

 

 

 

スポンサーリンク